編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

新日鉄住金化学、生産管理などグループ4社の共通基幹業務システムを再構築

NO BUDGET

2013-12-18 17:18

 新日鉄住金化学は、東洋ビジネスエンジニアリング(以下B-EN-G)の生産管理パッケージ「MCFrame XA生産管理・販売物流・原価管理」をグループ会社4社向けの共通業務基盤システムとして採用し、稼動を開始した。コンサルティングを含めた企画、設計、開発、保守まで一貫して担当するキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が12月18日に発表した。

 新日鉄住金化学は新日鐵住金グループの化学事業分野を担う中核企業としてグローバルに活動している。中でも製鉄事業に関連して発生するコールタール、コークス炉ガスなどの有効活用を中心とする総合的な製鉄化学事業では世界でトップクラスの規模を誇るという。また、石油化学事業や炭素材など多彩な事業を展開している。

 同社では2010年(当時は新日鐵化学)に、2020年を目標としたグループのあるべき姿としてグランドデザインを策定、個別事業の戦略策定、実行とビジネスモデルを支える業務改革活動に着手し、その一環として、ホストコンピュータからの脱却を含むシステム再構築に取り組むことになった。

 システム再構築に際しては、2011年に各事業部から集めたメンバーによるプロジェクトチームを発足、競争力ある業務環境の提供を目指し、情報と業務を繋げ、業務を高速化、可視化することを基本方針とした。同システムの導入は2期に分かれ、ステップ1は2013年4月に導入が完了した。

 ステップ1では、事業規模が大きくシステム化のニーズも高い3事業を先行モデルとして要件整理を行い、大きな業務についてのシステム単位でのモデル化検討と統合マスタの共通化を実施の上、MCFrame XAベースの「生産管理、販売管理・原料購買システム」を開発した。MCFrameはキヤノンITSとB-EN-Gが共同提案したもので、選定理由は以下の5つのポイントにあるという。

  1. カスタマイズの柔軟性と開発生産性
  2. 機能全体を含めた総合的評価
  3. さまざまな事業タイプ(プロセス系と組立系)への適合性
  4. 画面のユーザビリティ
  5. ユーザー重視の保守サービス(強制的なバージョンアップがないなど)

 今回の導入先グループ会社は、製鉄化学事業本部および機能材料事業本部関連の企業で、新日鉄住金グループの化学事業分野を担う国内の中核企業として幅広い分野に事業を展開している。ステップ1の完了により、受注、在庫、生産状況のリアルタイムな把握、リードタイムの短縮と在庫圧縮、品質とトレーサビリティの向上、生産計画の迅速化などの効果が現れたという。続くステップ2では、ステップ1で対象となった3事業部に加え、一部を除く全事業部への「生産管理、販売管理、原料購買システム」と「原価管理、物流管理システム」が導入される予定で、2014年4月の稼動開始を目指して作業が進行中だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]