編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、エントリからミッドレンジサーバ新製品を発表

NO BUDGET

2014-01-15 18:16

 日立製作所は1月15日、PCサーバ「HA8000シリーズ」の新製品として、エントリとミッドレンジクラスの10機種を発表した。1月16日に販売を開始し、出荷は1月31日からを予定している。一部は2月28日からになるという。最小構成価格は「HA8000/TS10」のOSがないモデルの11万円としている。

HA8000/RS220
HA8000/RS220

 新製品のうち8機種はプロセッサに、処理性能が従来比約1.2倍に向上したというインテルの「Xeon E5-2400 v2」ファミリを搭載。ストレージ容量を従来比約1.3倍とするなど、サーバ仮想化やクラウド基盤向けとして性能を強化した。残る2機種は事務所や店舗などの拠点で小規模なシステムを低コストに構築するニーズに向けて「Pentium G3430」を搭載している。ミッドレンジクラスの5機種などでは、変換効率96%を超える「80 PLUS TITANIUM」認証を取得した電源を選択できる。

HA8000/TS10-h
HA8000/TS10-h

 今回のHA8000シリーズ新モデルでは、OSとして新たに「Windows Server 2012 R2」をサポート。プリインストールモデルとバンドルモデルを用意した。さらにOSがないモデルも提供する。統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」も、今回新たにWindows Server 2012 R2をサポートし、小規模な仮想化環境や物理環境での使用に適した「Windows Server 2012 R2 Standard」と、データセンターやプライベートクラウド環境など、大規模で集約率の高い仮想化環境に適した「Windows Server 2012 R2 Datacenter」の2種類をブレードサーバに同梱して販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]