編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

相次ぐデータセンター新設でUPSや空調が堅調--課題は運用効率:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-01-14 13:33

 IDC Japanは1月14日、国内データセンター向けの無停電電源装置(UPS)と空調設備の市場調査の結果を発表した。

 新設データセンター向けのUPS市場は2013年に前年比4.4%増の237億3000万円、空調設備市場は前年比3.2%増の419億5000万円を見込んでいる2013~2017年の年平均成長率はUPS市場で4.2%、空調設備市場で3.1%となると予測する。

 UPSは電力会社からの商用電源に障害が発生した場合の緊急用電源となる機能を持つ。空調設備はサーバなどのハードウェアから から発生する熱による室温上昇を抑制でき、DCの安定稼働には欠かせない設備である。

 IDCは、大規模なデータセンターが相次いで建設されている背景もあり、設備市場は2017年まで堅調だが、運用の効率化やコスト削減のためのサービスが重要になると分析している。

 具体的にはデータセンターに関わるビルや空調、電源などの設備だけではなく、サーバなどのハードウェアや運用スタッフの体制などをを改善することが重要となっていると指摘。データセンター運用向け設備を中心にしたコンサルティングサービスも提供されている。


2011~2017年の国内新設データセンター向け設備市場予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]