編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

東急百貨店は全社員データサイエンティストに--ビッグデータ民主化へマイクロソフト - (page 2)

大河原克行

2014-01-31 17:05

 Excelでは、これまで最大100万行のデータまでしか扱えないという制限があった。これではビッグデータの利用には制限がある。だが、マイクロソフトではインメモリデータを活用することで、Excelにおいても、より大量のデータを活用できるように進化。物理的なデータ件数の制限をなくすことに成功したという。

 「現場に近い社員がビッグデータを活用できることの方が最適である。Excelを通じて、ビジネスのプロである現場の社員がビッグデータを活用する環境が実現する。ビッグデータの活用においては、ITとビジネス現場の橋渡しをする役割を設置することが必要であり、Power BI for office365は、これを支援するツールになる」(斎藤氏)とした。


Officeビジネス本部 輪島文氏

 日本マイクロソフト Officeビジネス本部・輪島文氏は、「Power BI for Office 365は、全世界10億人が利用しているExcelとの連携、さらには日本では、日経225銘柄の60%の企業が利用しているOffice 365との連携が可能となっているのが特徴である。社内の情報、TwitterやFacebookの情報、インターネットの有益な統計データなどをそのまま利用でき、これらの情報をクラウドで共有化し、Excelを意識せずに直感的な操作でビッグデータを活用できるようになる」とした。


Power Mapの機能を使用し、アーティストのレコード数の販売数量の変化を地域別に時系列で表示するデモストレーション

 Power BI for Office 365では、社内の情報や社内の情報を検索し、アクセスして変換する「Power Query」、簡単にデータをモデル化し、インメモリで素早く分析する「Power Pivot」、簡単操作でインタクティブにデータを可視化する「Power View」および「Power Map」を提供するほか、データを共有するための「Power BIサイト」、自然言語で素早く回答を得る「Power BI Q&A」、HTML5とタッチに最適化したWindowsアプリでモバイル環境で提供する「Power BI Windowsストアアプリ」を提供する。

 また、パートナーからは、Power BIのサービスとして、ソーシャルメディア分析サービス「GARNET」(ジー・サーチ)、流動人口データ提供サービス「Life Log Symphony」(Agoop)などが提供されることも紹介した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]