Pivotalジャパン、豊富な分析手法と多彩なデータに対応したビッグデータ分析基盤製品の国内提供を開始

NO BUDGET

2014-02-04 19:57

 Pivotalジャパンは2月4日、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD Enterprise」(Pivotal HD)と、Pivotal HD上での高速なSQL処理を実現する有償オプション「HAWQ」の国内販売を同日より開始したと発表した。1ノードあたりの年間サブスクリプション価格はPivotal HD Enterpriseが27万2550円、HAWQが74万9100円(いずれも税別)。買い取りでの販売形態も可能。

 Pivotal HDは、オープンソースで開発が進むApache Hadoopをベースとし、一元的な構成管理、監視を実現する機能や仮想基盤上のHadoopの最適化をする機能を追加しており、クラウドシステムとの親和性の高い企業向けHadoopプラットフォームを実現する。

 一方のHAWQは、Pivotal HD上で稼働する標準SQL対応の高速なデータベースエンジン。これまでHadoopで広く利用されてきたたSQLライクなクエリインタフェイス「Hive」と比較して数十倍から数百倍の高い性能を実現するという。また、Hiveとは異なり、標準SQL完全準拠によるHadoopファイルシステムへのアクセスできるため、企業の分析者はHadoopシステムの導入にあたり、これまで使用してきたBI(ビジネスインテリジェンス)やBA(ビジネスアナリティクス)などの分析アプリケーションを改変することなく、Hadoop上のビッグデータ処理が可能となる。

 このPivotal HDおよびHAWQは、豊富な分析関数を標準で実装しているだけでなく、HiveやHBaseといった多様なHadoopエコシステムにも対応しており、これまでデータ分析手法や分析対象データごとにシステムを構成する必要があったのに対し、さまざまな分析要件に対応する統合ビッグデータ分析基盤の実現が可能になる。

 なお、国内最初のユーザーとして、インターネット広告の分野において、日本最大級のアドプラットフォーム事業とアドネットワーク事業を展開するマイクロアドがPivotal HDおよびHAWQを導入している。サイト訪問者の行動履歴分析によるターゲティング広告配信サービスにおいて、これまで使ってきたHiveに比べ分析処理を約20倍に高速化し、より大きなデータに対する分析が可能になり、既存の分析パッケージアプリケーションを変更することなくシームレスに連携できているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]