編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、クラウド経由で開発者向けに「Power Systems」を無償で提供

山田竜司 (編集部)

2014-02-17 19:19

 米IBMは米国時間2月11日、アプリケーション開発者向けPaaS「IBM Power Development Platform」を発表した。UNIXサーバ「IBM Power Systems」を無償で利用できる。

 Power Development PlatformはLinux開発者が中心の対象としている。RISCプロセッサの「POWER7」や「POWER7+」を搭載するPower Systemsのリソースを活用できる。LinuxのほかにUNIX OS「IBM AIX」やオフコンOS「IBM i」(旧AS/400)も利用で きる。開発者はパートナー向けの「PartnerWorld」プログラム経由でアクセスできる。

 Power Development Platformは、「Power Systems Linuxセンター」の役目を補完 する位置付けという。Power Systems Linuxセンターは、北京やニューヨーク、オースティン、モンテペリエ、日本を皮切りに2013年に世界各地で開設された。

 Power Systems Linuxセンターを通じて、パートナー企業や独立ソフトウェア企業(ISV)など向けのPower基盤でアプリケーションの移植やテスト、認定などを支援してきたという。2013年には、北京のセンターだけで300以上の案件を支援し、計562のアプリケーションがPower基盤に移植されたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]