編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、車両管理SaaS「くるみえ」に新機能--ヒヤリハットをリアルタイムに警告

山田竜司 (編集部)

2014-02-25 15:06

 NECは2月24日、SaaS型の車両管理システム「くるみえ」の新機能の販売を開始した。3G通信モジュールを内蔵したドライブレコーダで取得した車両運行データを集計して解析する。価格はオープンだが、ドライブレコーダを10台設置した場合で約90万円。年間契約を予定している。

 新機能は、ドライブレコーダで集計された運行データを3G通信で送信し、NECのデータセンターで解析、車両管理者への事故の可能性がある“ヒヤリハット”の発生を通知する。危険運転率の高い運転者を特定できるという。これまでは、ドライバーの帰社後にSDカードで情報をアップロードしていた。導入時に管理する数値のコンサルティングや端末を設置するリードタイムを考慮して、サービスは6月下旬から提供する。

 集計された車両の加速度情報や位置情報を解析し、管理者にヒヤリハット発生をリアルタイムに警告する。事故発生時には、ドライブレコーダに記録された動画を確認し、状況を帳票に出力することで迅速に対応できるとした。

 くるみえで取得したドライビングデータは、ほかのユーザーがどこでブレーキを使ったかなどを統計情報として提供予定。加速や減速のドライビングデータは“危険情報”として官公庁や地図会社と共有して、「どの地点でブレーキが多く、道路の設計を改善すべきか」などを明らかにすることも視野に入れているという。


利用イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]