編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Google Compute Engine」向けに「Red Hat Cloud Access」を提供へ--Red Hatとグーグルの提携で

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-04-01 12:58

 オープンソースソリューションプロバイダーのRed Hatは米国時間3月31日、Red Hatの顧客が「Red Hat Cloud Access」を使用して、適格な「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)サブスクリプションを「Google Compute Engine」に移行することを可能にするため、Googleと提携することを発表した。

 Googleは2013年11月に「Red Hat Certified Cloud Provider」プログラムに参加しており、その1か月後にはGoogle Compute Engineプラットフォームの一般提供を開始している。これにより、同社は「Amazon Web Services」(AWS)と直接競合するとともに、IaaS分野への参入を果たした。RHELは既に、AWS上でもAmazonの「EC2」プラットフォームを経由して利用可能になっている。

 31日の発表をもって、Googleは2番目のRed Hat Certified Cloud Providerとなり、Red Hat Cloud Access対応パートナーに指定された。2009年に導入されたRed Hat Certified Cloud Providerプログラムは、厳密なテスト基準を満たしたRed Hatパートナーを指定するもの。

 Google Cloud Platformのパートナービジネス担当グローバル責任者のChris Rimer氏は、声明で次のように述べた。

 今日の法人ユーザーは自社のアプリケーションを稼働する上でパフォーマンス、規模、柔軟性、セキュリティを求めている。今回、Cloud Accessに対応したことで、顧客は既存のRed Hat Enterprise LinuxサブスクリプションをGoogleのインフラに移行するという柔軟性が得られるようになった。われわれはRed Hatと協力することで、「Google Cloud Platform」および「Google Compute Engine」による、強力かつ一貫性のあるオープンソースエクスペリエンスを顧客に提供することができる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]