編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

総務省、リアルタイムに統計データを利用できるAndroidアプリの試行版を公開

山田竜司 (編集部)

2014-04-15 17:56

 総務省は4月15日、統計データを提供するAndroidアプリ「アプリDe統計」の試行版を公開した。Android OS4.0.3以上で利用でき、改良点などを広く国民に求める。2014年度末にiOS版を含め、他の省庁の統計データをAPIで連携できる、本格版をリリースする予定という。

 アプリDe統計は、オープンデータ施策の一環として、総務省の統計局と独立行政法人統計センターで統計の有益性や便利さをアピールするために作成されたものであり、試行版では統計局が持つ約50の統計を扱う。

 当面利用可能な主な統計データは人口、世帯などの国勢調査、民営事業所数や従業者数などの経済センサス活動調査、小売物価統計調査、家計調査などだ。

 自分がいる場所の市区町村の統計データをスマートフォンのGPSと統計API機能により確認できる「City Stat」、基本的な統計データを表示する「ポケット統計」、日付けにちなんだ統計情報やクイズ、統計グラフを作成できる「とうけいどけい」などの機能を持つ。API活用でリアルタイムにデータを使うことができる。アプリのフィードバックはアプリ経由でコメントできる。


自分がいる場所の市区町村の統計データをスマートフォンのGPSと統計API機能により確認できる「City Stat」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]