編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBM、5種類のSaaSを提供--ITサービス管理系や設備管理など

NO BUDGET

2014-05-16 08:00

 日本IBMは5月15日、5つのSaaSの提供を開始した。いずれも実績のあるパッケージソフトウェアをSaaS化したもので、「IBM Softlayer」のデータセンターから提供される。

 新たに提供されるSaaSのうち、3種類はITサービス管理に関するもの。クラウドの採用で管理要件の多様化、複雑化が運用管理部門に大きな負担となっているとし、クラウド運用管理やデータセンターで実績があり、サービス管理のベストプラクティスを提供できるという。

 「IBM SmarterCloud Control Desk(SaaS)」はITサービス管理を実現するために統合的に管理する。ナレッジ管理、サービス資産と構成管理、サービスカタログ管理、変更管理、リリース管理、導入管理、インシデント管理、財務管理、サービスレベル管理、問題管理、要求対応といった機能を提供する。月額料金は同時接続10ユーザーで42万5000円から。

 「IBM Performance Management(SaaS)」はアプリケーションの性能を管理する。データセンターやパブリッククラウド、その組み合わせなど実行場所に関係なく、複雑なアプリケーションの性能や可用性、ユーザーエクスペリエンスを管理する。基幹業務アプリケーションの可視化や制御、自動化が可能になるという。月額料金は、平均監視対象サーバ(OS)1台あたり1万7200円から。

 「IBM Workload Automation(SaaS)」はワークロードの自動化を図る。メインフレームやグリッドコンピューティング環境を含む、複数のアプリケーション、システム、ビジネスユニットにわたる複雑な依存関係のワークロードをサポートする。ワークロードを動的に動作させて最適なリソースに割り振られるという。月額料金は月間実行1000ジョブで8820円。

 残る2種類は資産管理に関連する。グローバルで多くの企業が採用するソフトウェアをSaaSで提供する。SaaS型とすることで最小規模から開始でき、必要に応じて拡張したり、オンプレミスへ移行したりなどが可能としている。

 「IBM Maximo Asset Management(SaaS)」は生産、インフラ、設備、輸送、通信などのあらゆる種類の設備を共通の基盤で一元的に管理する。資産パフォーマンスを最適化し、投資収益率を最大化する。拡張されたサービス指向アーキテクチャ(SOA)として資産管理、作業管理、サービス管理、契約管理、在庫管理、調達管理の6種類の管理モジュールを備える。月額料金は同時接続10ユーザーで68万2000円から。

 「IBM Maximo Inventory Insights(SaaS)」は、Maximo Asset Managementから在庫データを自動的に取得、事前構成済みの高度な予測分析モデルを適用し、在庫トランザクションのパターンを明らかにする。再発注ポイントへの特定の調整を推奨し、在庫の再発注ポイントの調整により得られる可能性のある節約額と調整のコストを定量化できるという。月額料金は49万9800円と1ユーザーあたり1万4300円。

 採用を検討するユーザー企業のため、これらのSaaSを体験できるポータルサイト「IBM Service Engage」も提供する。Service Engageでは、ビデオでの製品概要の紹介、サンプルデータが組み込まれた実際のSaaSにアクセスできる「ライブ・デモ」、ユーザー自身が想定したデータを入力して評価できる「30日トライアル」が用意される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]