編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

成熟のルータ市場、企業向けが伸長--通信事業者向けが後退:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-05-20 15:42

 IDC Japanは5月20日、国内ルータ市場の2013年の実績と予測を発表した。2013年は、移動体通信事業者向けエッジルータ需要が通信事業者向け市場を下支えたが、通信事業者向け売り上げの減少が影響し、前年比8.8%減の1092億9100万円だった。

 企業向けルータ市場は、国内景気の回復と円安の進行などにより、2013年通年で前年比9.8%増となり市場規模は348億7300万円。通信事業者向け市場は、固定通信事業者向け売り上げの減少に加え、移動体通信事業者向けコアルータ需要が一巡した結果、前年比15.6%減の744億1700万円にとどまった。

 ベンダーシェアは、アルカテルルーセントが移動体通信事業者の需要を獲得し、シスコシステムズに続いて国内2位に躍進した。企業向けルータ市場の好調さを受けて、ヤマハ、富士通、NECがシェアを拡大した。一方、固定通信事業者の投資減少の影響を受けたベンダーは順位を下げた。

 2014年の国内ルータ市場は、企業向け市場で景気回復を背景にした企業のネットワーク分野への投資が続き、通信事業者向け市場で移動体通信事業者、固定通信事業者ともに現行サービス向け投資が減少。市場全体では前年比2.2%減の1069億1100万円と予測している。2015年以降は、通信事業者向け市場が好調だった2011~2012年並みに回復していき、2013~2018年の年平均成長率は2.3%と予測した。

 IDCは、国内ルータ市場は成熟市場であり、企業向けルータは多機能を搭載する成熟した製品だと指摘。新製品開発にベンダーは苦慮していると説明し、次世代企業向けルータの姿を市場に問うことが重要であると提案している。


2009~2018年 国内ルータ市場 ユーザーセグメント別 エンドユーザー売上額予測

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]