編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

jig.jp、Excelのオープンデータ化サービス--地方自治体を支援

山田竜司 (編集部)

2014-06-05 18:16

 モバイル向けソフト開発会社のjig.jpは6月4日、データを再利用しやすい形に加工できる地方自治体向けサービス「オープンデータプラットフォーム(odp)」を発表した。税別価格は年間150万円。

 odpは自治体が保有するExcelデータをウェブから登録すると、汎用性の高い“5つ星オープンデータ”(Linked-RDF)に変換し、公開することができる基盤システムと公開用ポータルサイトを基本としたサービス。基盤はAmazon Web Servicesを利用している。

 Linked-RDFは、PDFやExcelのデータと違ってコンピュータが読める形式のデータ。 自動処理が可能であり、共通の定義を持たせた形式のデータ(RDF)をネットに公開 することで、さまざまな用途で利用できる。

 Linked-RDFに対応したアプリであれば、他の地域で作られたアプリを全国で利用することが可能だ。オープンデータの動きの中で有効とされているデータアクセス言語「SPARQL」を利用できるため、アプリケーションから直接データを呼び出せる。

 jig.jpは、各自治体のLinked-RDF形式のデータを集約した開発者向けサイトを運営し、アプリ開発をサポートする。データを公開する情報サイトやデータカタログを作成するオプション(それぞれ税別価格で50万円)も用意する。。


ODPイメージ図

オープンデータの5つの段階 出典:「平成25年版情報通信白書」(総務省)、原出典:電子行政オープンデータ実務者会議 第1回データWG 資料7(小池データWG主査代理提出資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]