編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

サンディスク、同業のフュージョンアイオーを買収へ

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)

2014-06-17 10:22

 SanDiskは、同業のフラッシュメモリメーカーFusion-ioを買収する。両社が米国時間6月16日に発表した。

 全額現金によるこの買収において、SanDiskはFusion-ioに1株当たり11.25ドル、総額11億ドルを支払う。この金額はFusion-io株の13日終値に21%のプレミアムを上乗せしたものだ。

 ソルトレイクシティに本拠を置くFusion-ioは、フラッシュメモリ製品およびデータセンター向けソフトウェアを手がける。一方、カリフォルニア州ミルピタスに拠点を置くSanDiskは、スマートフォンやタブレット端末でファイルを保存するmicroSDカードなどのフラッシュメモリカードを手がけている。この買収はSanDiskにとって、企業顧客への注力を増す機会となる。

 「Fusion-ioは、フラッシュ技術によるデータセンターの実現を目指す当社の努力を加速する。このことは企業が総所有コスト(TCO)を抑えつつ、増加するデータセンターのワークロードの管理を向上させる手助けとなるだろう」と、SanDiskの最高経営責任者(CEO)Sanjay Mehrotra氏は声明の中で述べている。

 買収手続きは第3四半期に完了予定で、買収がSanDiskの利益に貢献するのは2015年下半期以降となる見込みだ。


スマートフォンに取り付けられたSanDisk製フラッシュメモリカード
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]