編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「iOS 8」がBYODでヒットする8つの理由--企業ユーザーが注目すべき新機能

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-23 07:30

 AppleがBYOD(職場での個人用デバイスの使用)とエンタープライズ市場を注視しているのはまず間違いない。そして2014年秋にリリース予定の「iOS 8」によって、同社はエンタープライズユーザーに向けて「iPhone」と「iPad」を売り込む、これまでになく良い位置に立てるだろう。

 この記事では、エンタープライズユーザーとIT管理者などの両方にとって間違いなく魅力的な、8つの機能を紹介する。

S/MIMEによるメール暗号化

 S/MIMEのビルトインサポートとは、企業が電子メールの署名と暗号化を、個々のメッセージ単位で行えるようになり、メッセージがのぞき見されることがなくなるということだ。


提供:Apple

より多くのアプリでのパスコード利用

 「iOS 7」では、「Mail(メール)」アプリやその他のサードパーティーアプリに、独自のパスコードでの保護機能が追加された。iOS 8では、Appleがこの機能を拡大し、パスコードが「Calendar(カレンダー)」「Contacts(連絡先)」「Reminders(リマインダー)」「Notes(メモ)」「Messages(メッセージ)」でも使えるようになっている。

デバイスの登録

 企業がiPadやiPhoneをまとめて購入する場合、デバイスを箱から出す必要もなく、各デバイスに企業向けアプリやセキュリティポリシー、PDF、電子書籍を自動的に設定することができる。

 これは、それぞれのデバイスを個別に設定する必要のあった、煩わしいシステムに代わるものだ。

電子メールサポートの向上

 電子メールはビジネスの中心であり、Appleは、IT管理者とエンドユーザーの両方に、仕事をきちんとこなすために必要なツールを提供できるよう努力してきた。iOS 8のMailアプリでは、左右のスワイプで、メッセージを開封済みまたは未開封にしたり、あとで探せるようにメッセージにフラグをつけることができる。個別のメールスレッドを「VIP」として指定すれば、やり取りの流れを追っていくことが簡単になる。VIPスレッドをカスタムメールボックスにまとめることもできる。

 さらに、セキュリティ強化のために、外部メールアドレスからのメッセージを赤くマークすることができる。また「Exchange」のユーザーは、例えば休暇中などに自動返信メッセージを送信するように、iOSデバイスから設定することもできる。


自動返信メッセージを設定する画面
提供:Apple

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]