「Mac OS X Yosemite」で何が変わる?--ビジネスユーザーに役立つ新機能を紹介

Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年06月06日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが新たに発表した「Mac OS X Yosemite」には、ビジネスユーザーが高く評価するであろう新機能がいくつも詰め込まれている。

 Appleウォッチャーの大部分はおそらく、Appleの「WWDC 2014」でなされた発表にがっかりしたことだろう。「iPhone 6」の発表もなければ、新しい「Mac」や「iWatch」「iTV」もなかった。しかしAppleは「iOS 8」と、「OS X」の次期リリースを発表した。OS Xの10番目のバージョンは2014年秋に無料で提供される予定であり、「Yosemite」と呼ばれることになっている。ビジネスユーザーはYosemiteが備えるいくつかの説得力ある新機能を高く評価するだろう。それらは小さな機能に思えるかもしれないが、ビジネスユーザーの働き方を変えるはずだ。


iCloud Drive

 安全なクラウドベースのファイル共有は、ビジネスユーザーにとってはもはやぜいたく品でも便利なサービスでもなく、必需品である。特に出張の時や、複数の場所で作業する場合、複数のデバイスを使う場合などはそうだ。Yosemiteには「iCloud Drive」が搭載されている。これは「Finder」に組み込まれるAppleの商標登録済みの機能で、ユーザーはiCloudファイル(動画、写真、文書、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなど)を、自分のほかのMacや「iPhone」「iPad」、さらには「Windows」コンピュータと共有できる。この機能には「Spotlight」検索が組み込まれているため、ビジネスユーザーはファイルを簡単に見つけることができ、ファイルが本来どのデバイスにあったものなのか、あるいはどのデバイスで最後に編集されたのかを覚えておく必要がなくなる。

Mail Drop

 ビジネスユーザーが直面する最も悩ましい問題の1つが、大容量ファイルをほかの人に安全にメール送信するという問題だ。「SendThisFile」や「Hightail」といった有料サービスが解決策として登場している。しかしYosemiteの新しい「Mail Drop」機能は、メールによる安全なファイル共有をOS Xの中に組み込んでいる。Mail Dropを使うユーザーは、大容量のメッセージを暗号化してiCloudにアップロードし、Yosemiteを使っているユーザーに転送できる。受信側のユーザーはリンクを受け取り、5Gバイトまでのファイルをダウンロードすることが可能になる。

 一部のユーザーは既に、このサービスが役立つのは受信者もMacを使っている場合だけだという不満を表しているようだ。しかしこうしたシンプルな利便性や操作のしやすさは、ユーザーにプラットフォームの乗り換えを促す類いの要素だ。

Markup

 Yosemiteには新しいメール機能がもう1つ追加された。「Markup」だ。これによってMacユーザーはメールを独特の方法で活用できる。Markupを使えば、ドキュメントにサインしたり、写真に簡単にメモを追加したり、PDFのようなあらかじめロックされているファイルに注釈を付けたりできる。こうしたささいな機能は大きな可能性を秘めている。自動車の後部窓ガラスについたデフロスタのようなものだ。なくなってはじめて、その価値に気付く。

 画像やファイルの編集や注釈の付加がその場でできるようになれば、Macのビジネスユーザーはすぐに、この機能なしでこれまでどうやって過ごしてきたのかと不思議に思い始めるかもしれない。Markupは、問題点を見つけ出してより良いソリューションを導入するという、Appleがこれまでにもしてきたことの一例に過ぎない。この場合の問題点とは、ユーザーが写真編集ソフトやサードパーティーのPDFエディタのダウンロード、インストール、アクティベート、起動をすることなく、アイテムへのメモの追加や書き込みをしたいと思っている、ということだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算