編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップルの新言語「Swift」--押さえておくべき10のポイント

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-03 15:11

 AppleはWWDC 2014の基調講演で、「Swift」という新たなプログラミング言語を開発者に披露した。この新プログラミング言語について知っておくべき10のことを紹介する。

  1. Swiftは「Objective-C without the C」:Appleはこの新言語を「高速で現代的、安全でインタラクティブ」なプログラミング言語だと宣伝している。その裏にある意図は(WWDC 2014基調講演の発表内容から考えると)、アプリの開発をこれまで以上に簡単にすることのようだ。
  2. iOSとOS Xに対応:Swiftは「iOS」デバイス向けアプリを作成するためだけの言語ではなく、開発者はSwiftを使って「OS X」向けのアプリも作成できる。
  3. Swiftは高速:Appleが発表した数字では、Swiftは複雑なオブジェクトのソートやRC4暗号化といったタスクにおいて、PythonとObjective-Cを大きく上回っている。Appleによれば、この高速化により、開発者はアプリの作成に費やす時間を増やし、コードを最適化するための時間を減らせるという。
  4. 現代的である:Swiftには、複数の戻り値、クロージャ、ジェネリクス、タイプインターフェース、名前空間といった現代的な機能がある。ここで肝心なのは、開発者はSwiftを選んだとしてもObjective-Cで可能だったことを何もあきらめなくてよいということだ。
  5. 共存できる:Swiftのせいで開発者のワークフローに混乱が生じることはない。Objective-CやCと共存できるからだ。そのため、開発者は適切だと感じる場合にSwiftを使って、複数の言語で書かれたアプリを作成することができる。
  6. 新しい言語だが同じインフラストラクチャ:新言語Swiftは、Appleの既存のフレームワークCocoaとCocoa Touchにうまく適合する。Objective-Cと同じLLVMコンパイラによって構築されているほか、同じオプティマイザと自動ベクトル化機能、同じARCメモリマネージャが使われており、ランタイムもObjective-Cと同じだ。
  7. デバッグが容易:「Xcode」のデバッグコンソールには、「Interactive Playground」と呼ばれるSwift言語のインタラクティブなバージョンが組み込まれている。つまり、開発者はSwiftの構文を使うことで、実行中のアプリの評価やインタラクションが可能になり、記述した新しいコードがどのように動作するかをスクリプト風の環境で確認でき、さらに新たなアルゴリズムを開発することもできるということだ。この機能はXcodeのコンソール内か「Terminal」で利用できる。
  8. 安全でないコードを排除:AppleはSwiftを、安全でないあらゆるコードが使用されないように設計した。変数は使用前に必ず初期化され、配列や整数はオーバーフローがチェックされ、メモリは自動的に管理される。
  9. 移行:Appleは、アーキテクチャ、ロジック、パフォーマンスの改善のために、開発者がObjective-CのアプリをSwiftのアプリに移行させることを可能に(そして容易に)している。
  10. 今すぐ試せる:米国時間6月2日より、「Xcode 6 beta」をダウンロードでき、Swift言語のガイドを読むことができる。
figure_1
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]