モバイルファーストという不可逆

変わる社員教育--スマートデバイスは紙の代わりではない(後編)

千葉友範(デロイト トーマツ コンサルティング) 2014年06月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的な集合学習のための活用術

 前編では、自己学習としてのスマートデバイスの活用について解説をしてきたが、集合学習を効果的に進めていくためにスマートデバイスをどのように活用していくのかを次に解説していく。

 学習の定着率は、Passive型(受身の講義)とActive型(参加型の講義)を比較すると、格段にActive型が高い(図参照)。しかし、ワークショップなどに代表される参加型の研修の場合でも参加メンバーによっては、ワークショップがなかなか盛り上がらないという経験はないだろうか。


 これはファシリテーターのスキルに依存するケースもあるが、シャイな日本人はお互いに共通点を見出すのに時間がかかり、話題の突破口に気づいた頃には研修が終わってしまうケースを経験している人も多いはずだ。単純な表現をすれば、盛り上がるような席次、つまりマッチングをしてくれれば、何の問題もない。

 面白い事例を1つ、ご紹介したい。

 Delta Air LinesはLinkedInと協力し、未来のビジネスリーダーと現在のビジネスリーダーとを機内で結びつける「イノベーションクラス」というサービスを開始した。これはLinkedInの会員へ各業界のビジネスリーダーに直接話を聞く機会を提供するために、Delta Air Linesが予約されていない空席とこれから航空券を予約しようとしている人をマッチングして座席しているというサービスであり、非常に興味深い。

 こうしたマッチングが集合研修の場でも提供できれば、どうだろうか。このDelta Air Linesの場合は、LinkedInの会員であることや事前に申し込みをすることが前提となるが、社内の場合、日頃からの社内でのコミュニケーションログ(メールや企業向けSNSなど)を活用し、類似性の高いメンバーで集合研修のチームが組めれば効果的な研修となるに違いない。

 一般にイノベーションや新たな発想は、脳科学的な見地から説明すると、多様性のある人々(しかし、実際は共通項のある)を偶発的に出会わせることで生まれると言われている。これがもし、「意図して」偶発的に出会わせることができれば、研修の場だけでなく、プロジェクトチームや人事異動などさまざまなシーンでも活用することができる。

 筆者は、このマッチング手法を活用した人材の育成や教育手法、人材配置の方法を次世代のタレントマネジメント手法の1つして考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算