2014年のIT市場は低調--PC更新増の反動、スマートフォン市場がマイナス成長

山田竜司 (編集部)

2014-07-11 08:10

 IDC Japanは7月8日、国内IT市場を企業規模別で見た2013年下半期の分析と2014~2018年の予測を発表した。2014年は、アベノミクスにより景気回復基調である一方、市場はWindows XPからのPC更新増の反動や、スマートフォン市場のマイナス成長などにより低調とした。

 従業員1000人以上の企業は、多くの企業で海外展開を優先するため、国内IT支出の伸びは小さく、2014年は前年比1.3%減の6兆7001億円、1000人以下の企業(SMB)は、2013年のPCの更新需要の反動減、消費増税による消費低迷の懸念などから、0.8%減の3兆5675億円と予測した。

 企業規模別の2014年IT支出額は、1~99人の企業が前年比0.6%減の1兆597億円、100~499人の企業が同比0.9%減の1兆5681億円、500~999人の企業が 同比1.0%減の9397億円、1000人以上の企業は同比1.3%減の6兆7001億円と予測した。

 産業分野別には、製造業や流通業のようにIT投資に積極的な業種と、金融のように投資に保守的な業種に分かれつつあり、ニーズもそれぞれ異なると分析している。


2012~2014年 国内 IT 市場 企業規模別支出額予測

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]