インフォテリア、シンガポールに進出--ASEAN全域で事業を展開

山田竜司 (編集部) 2014年07月14日 18時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアが三度、海外に進出する。7月にシンガポールに現地法人を設立、現法の最高経営責任者(CEO)は日本本社の代表取締役社長でCEOの平野洋一郎氏が務めている。7月14日に開いた事業戦略説明会で明らかにした。


インフォテリア 代表取締役社長兼CEO 平野洋一郎氏

 平野氏は、2014~2018年の国内総生産(GDP)の平均成長率が日本で4%、東南アジア諸国連合(ASEAN)で8%という予測を示して、ASEAN内のハブであるシンガポールを拠点として、ASEAN全域に事業を展開すると説明した。「日本は世界のソフトウェア市場の6%しか持たない。現在3%の売上高の海外構成比を2020年には5割超にしたい」

 インフォテリアは過去2回、海外進出に失敗している。これについて平野氏は「これまではすべて自前で現地の仕事を賄おうとして失敗した。これからは現地に詳しいパートナーを探すようにする」と述べた。今回のシンガポール進出では、社外取締役として、リコーのアジア太平洋地域を統括した経験がある斎藤周三氏、シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるFenox Venture CapitalのCEOを務めるAnis Uzzaman氏を迎えている。両氏の海外事業の知見を生かす考えだ。

 会見では、日本市場での好調ぶりをアピールした。企業アプリケーション統合(EAI)分野で「ASTERIA」のシェアは7年連続1位であり、累積の導入社数は2012年度の3604社から2013年度は4360社に増加。モバイルコンテンツ管理(MCM)市場で「Handbook」のシェアは1位であり、累積の導入件数は2012年度の531件から2013年度は650件に増加している。

 MCM市場では、タブレットの企業導入率が2013年に32%になったという調査結果を挙げ、「(タブレットの企業ユーズは)キャズムを超えた。われわれはいわゆるアーリーマジョリティが導入に必要とする事例や効果の数値を多くもっている」と自信をのぞかせた。Handbookの導入で営業の訪問件数が1.5倍、成約率が2倍、成約までの期間が3分の1になったケースもあると説明していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算