編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本のオンラインバンキングを狙う「Trojan.Snifula」の新種が出現--シマンテックが警告

CNET Japan Staff

2014-07-29 12:31

 Symantec Security Responseによると、トロイの木馬「Trojan.Snifula(別名Neverquest)」の新種が検出され、12の地方銀行を含む日本の30の金融機関を標的にしているとして、Symantecが警告を発している。

 Trojan.Snifulaは、マンインザブラウザ(MITB)攻撃を通じて特定のバンキングサイトから金融情報を盗み取るために使われており、2006年に初めて検出された。

 今回Symantecが入手した新種のSnifulaの設定ファイルには、12の県に存在する12の地方銀行が含まれ、このうち1行のみが預金額で上位10行に入っており、半数以上は下位の半分に含まれる。このことから、Symantecは金融機関の規模に関係なく標的が選ばれているとし、他の地方銀行もTrojan.Snifulaの標的となるおそれがあるため、オンラインバンキングを利用する際には注意するよう、消費者に求めている。

 7月時点で、Trojan.Snifulaの活動について日本は依然として3位につけており、全体の20%を占めている。


Trojan.Snifulaの地域別の活動量(2014年7月)
提供:Symantec Security Response

Trojan.Snifulaの活動分布図(2014年7月)
提供:Symantec Security Response

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]