編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マツモトキヨシ、顧客ニーズに合わせた情報を公式スマホアプリに配信

NO BUDGET

2014-08-11 17:44

 マツモトキヨシは8月1日より、スマートフォン向けに「マツモトキヨシ公式アプリ」の公開を開始した。アプリに用いられているソリューションを提供するNTTデータと、ソリューションを共同開発したアイリッジが8月11日に発表した。

 本アプリに使われているのは、NTTデータがアイリッジとナビプラスと共同で開発したO2Oソリューション「レコメンドプッシュ」。利用者の性別、年齢等の属性、店舗やECサイトでの購買履歴に基づいたおすすめ商品や割引情報を、利用者が店舗の近くにいるときや、特定の時間にスマートフォンにプッシュ配信することで、利用者の購買意欲を促すことができるサービス。

 企業にとっては、利用者にとって適切なタイミングでニーズに合った情報をプッシュ配信でき、顧客接点の増加、売り上げ機会の増加を図れる。また、利用者にとっては、お店の近くにいる際に店舗からのおすすめ情報や割引情報が届くことにより、スムーズに買い物ができる。

 マツモトキヨシでは、実店舗やECサイトなどのあらゆる販売チャネルを連携し、利用者の行動に合わせて購買の機会を提供するオムニチャネル化の第一弾として、公式アプリの構築をNTTデータに委託した。

 今回提供を開始したマツモトキヨシ公式アプリは、これまで利用者が店舗で利用していた現金ポイントカードに代わるスマートフォンアプリ。会員証としてポイントを貯蓄、利用できるようになるほか、マツキヨECサイトでのお買い物や、店舗位置の検索、本アプリ限定のキャンペーンや情報を受け取ることが可能。

 レコメンドプッシュを採用したことにより、性別や年齢、購買履歴などのアプリ利用者ごとの属性情報に合わせた割引クーポンやさまざまな情報を随時プッシュ配信できるようになっている。

 また、レコメンドプッシュでは、ゲームなどのアプリ内企画も実施でき、マツモトキヨシでは、まず本アプリのリリースを記念した「ダウンロードするだけで最大15%OFFクーポンプレゼント!」「お買い物1年分無料キャンペーン!」「最大20%OFFクーポンが当たるマツキヨルーレット!」の3企画をアプリ内の企画として実施する。


マツモトキヨシ公式アプリ(NTTデータ提供)

 NTTデータとアイリッジは今後、レコメンドプッシュを小売店舗や商業施設の来店促進施策を中心に、鉄道事業者の情報提供や観光案内などの分野においてサービスを拡大していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]