編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オラクル、モバイルアプリ開発フレームワークとサービスバスをセットで提供

三浦優子

2014-08-06 14:30

 日本オラクルは8月5日、モバイルアプリケーションの開発、既存アプリケーションとの連携、セキュリティ対策という3点を実現する統合基盤「Oracle Mobile Suite」の提供を始めた。マルチプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発フレームワーク「Oracle Mobile Application Framework(MAF)」、社内システムとモバイルデバイス間でデータやサービスを連携させる「Oracle Service Bus」、デバイス上の社内アプリとデータを分離して保護し、管理するモバイル用セキュリティの3つを1つにまとめた。

 日本オラクルの執行役員でFusion Middleware事業統括本部長の桐生卓氏は、「社長の杉原以下、クラウドナンバーワン企業を目標にビジネスを進めている。クラウドを推進すると、アクセスデバイスが増加し、結果としてモバイルへの取り組みが必須となる」とモバイル対応の拡充は戦略上必須の流れだと説明した。

桐生卓氏
日本オラクル 執行役員 Fusion Middleware事業統括本部長 桐生卓氏

1つの画面から見たい

 日本オラクルでは、「2020年にナンバーワンクラウド企業になる」という目標を掲げている。その目標実現に向け、「クラウドが増えれば増えるほど、アクセスするデバイスはパソコンオンリーからさまざまなデバイスに拡大し、異なるアクセス元であっても、1つの画面から見たいという要求が高まる。これを受け、今回、モバイルアプリケーション開発に必要なものを1つにしたパッケージを提供することとなった」(桐生氏)と説明する。

 新製品は、投資意欲は高いものの、実際に導入した企業の割合が少ない、エンタープライズ向けモバイルアプリケーションに必要な“開発、つなぐ、安全”という3つを一つのパッケージとした。

清水照久氏
日本オラクル Fusion Middleware事業統括 ビジネス推進本部 製品戦略部 シニアディレクター 清水照久氏

 MAFは、1回の開発でiOSやAndroidなどマルチプラットフォームに対応する。モバイルOSは進化のスピードが激しいが、モバイルプラットフォームの変化に応じて、各種フレームワークに対応する。「Javaで開発できるので、従来の技術とスキルがそのまま活用できる」(日本オラクル Fusion Middleware事業統括 ビジネス推進本部 製品戦略部 シニアディレクター 清水照久氏)

 MAFは、「Oracle JDeveloper」「Eclipse」などの統合開発環境に対応するとともに、JavaScriptやHTML5などを利用できる。ユーザーインターフェースを構成する80種類のコンポーネントを用意している。モバイルデバイス上で開発したモバイルアプリケーションを稼働させるための実行環境「Oracle Mobile Suite Client Runtime」も含まれる。

 社内システムとモバイルデバイス間でのデータのやり取りとサービス統合については、Service Busが対応する。RESTとJSONに対応する。「Oracle E-Business Suite Adapter」「Oracle Technology Adapters」といったアダプタの利用で既存機能への簡易な接続を実現し、複数アプリケーションの混在環境への対応、データへの高速アクセスなどを実現するという。

 セキュリティでは、デバイス上の社内アプリとデータを分離して保護、管理する。コンテナからのデータの閲覧、操作を制限するポリシーを採用する。どのモバイルプラットフォームに対しても一貫してサポートするという。社内のアプリケーションサーバとはセキュアな通信を実現し、社内向けアプリストアの開設にも対応する。IDサービスについても、冗長性、重複を排除し、リスクやポリシーベースの段階によって分けられた認証を提供する。

 税別価格はMobile Suiteが10ユーザー、1アプリケーションの場合で500万円から。MAFは別売りでも提供し、10ユーザー、1アプリケーションの場合で11万9600円から。

 日本オラクルではターゲットとする業種、サービスとして19分野を挙げている。事例としてはサンフランシスコ市運輸局が提供する市民向けのパーキング状況可視化のためのシステムや、海外の大手建設業で利用されているプロジェクト情報共有基盤、国内の大手製造業のエンタープライズダッシュボードを紹介している。

 「導入に適しているのは、アプリケーションを利用するユーザーの数が多い企業か管理対象アプリケーションが多い場合。既存システムを有効活用したいという顧客に適している」(桐生氏)

 既存の社内アプリケーションをモバイル化するためのクラウドサービス「Oracle Mobile Cloud Service」も提供する予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]