編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Apache Cordova」に脆弱性--「Android」アプリに情報漏えいの恐れ

CNET Japan Staff

2014-08-08 12:19

 IBMのセキュリティ研究開発チームX-Forceが、「Apache Cordova」(旧名「PhoneGap」)プラットフォームを用いてビルドされた多くの「Android」向けアプリに影響を与える深刻な脆弱性を発見したと発表した。AppBrainの統計によると、この脆弱性はAndroidアプリの5.8%に影響を及ぼすという。広く普及しているAndroidアプリのいくつかはCordovaを用いてビルドされており、研究者らが「bank」(銀行)というキーワードを含む248本のアプリを調査したところ、25本のアプリ(およそ10%)がCordovaを使用してビルドされていたという。

 Cordovaを用いたAndroidアプリを使っているユーザーは、こうしたアプリを通じてログイン認証などの個人情報を抜き取られることで、なりすましの被害にあったり、口座情報にアクセスされたり、勝手に物品を購入されるというリスクにさらされる。

 X-Forceは、この脆弱性を公表する前にCordova開発チームにその存在を報告しており、現在はパッチの当たった最新のCordovaバージョン3.5.1が提供されている。

 Apache Cordovaの脆弱性によって、クロスアプリケーションスクリプティング、すなわちCordovaを用いて開発されたアプリ内で悪意のあるJavaScriptコードの実行が可能になる。これに加えて、Cordova内で今回発見されたその他の脆弱性により、こういったコードを用いて情報を攻撃者の元に送り返すこともできる。

 X-Forceは、すべての開発者が最新のCordova バージョン(3.5.1)にアップデートし、ホワイトペーパーで解説されている回避策を実施するよう強く推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]