「OneDrive」Android版アプリ、「OneDrive for Business」をサポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-29 11:49

 Microsoftは、クラウドストレージアプリ「OneDrive」の「Android」版をアップデートし、Android上での「OneDrive for Business」のサポートを初めて追加した。

 アップデートされたAndroid版OneDriveアプリは、米国時間8月28日より「Google Play」ストアで、無料でダウンロード提供されている。

 クラウドストレージサービスであるOneDriveのコンシューマー向けバージョンと企業向けバージョンは、名称以外の共通点は少ない。OneDrive for Businessは「Office 365」や「SharePoint」の一機能だ。

 統合された新たなAndroid版OneDriveアプリによって、バックエンドの観点では何も変わっていない。コンシューマー向けOneDriveとOneDrive for Businessが依然として別々に存在している。Microsoftは、ユーザーがファイル、ドキュメント、写真を保存したりアクセスしたりする際、コンシューマー向けOneDriveなのかOneDrive for Businessなのかを区別をしやすくするよう努めている。

 これまで、Android版OneDriveアプリはコンシューマー向けのOneDriveクラウドストレージサービスしかサポートしていなかった。

 新しいAndroid版OneDriveアプリではインターフェースも新しくなり、仕事用のファイルと個人的なファイルを区別しやすくなっている。また、4桁のPINコードの設定をサポートしている。

 Microsoftは、コンシューマーおよび企業向けの統合されたOneDriveアプリを、「iOS」と「Windows Phone」搭載デバイスに対しても「今後数カ月のうちに」提供するとしている。


新しいAndroid版OneDriveアプリ
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]