ARM、IoT向けの新プラットフォームを発表

Larry Dignan (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)

2014-10-02 11:47

 ARMは英国時間10月1日、モノのインターネット(IoT)向けの新しいプラットフォームについて、その概略を説明した。このプラットフォームは、「Cortex-M」ベースプロセッサ向けの無償の「mbed」OS、およびフリーミアムモデルで稼働するデバイスサーバを中心に展開するという。

 新プラットフォームは、IoTデバイスおよびエンドポイントをよりインテリジェントにすることを目指している。

 9月23日の「Cortex-M7」プロセッサ発表に付随する今回の動きには、まずは基本的な標準機能を作成し、このハードウェアをベースとした付加価値の構築を開発者にゆだねようという意図がある。

 ARMによると、「mbed Device Server」は、接続機能やセキュリティ、ベース管理ツールなどを備えたものになるという。接続機能は、主要なインターネット標準を軸とする予定だ。言い換えれば、ARMはmbed Device ServerをIoTにおけるベースレイヤと見なしているということだ。ARMのmbedスタックに搭載される技術の一部は、2013年のSensinode買収に伴って得たものだ。

 いくつかの点で、ARMによるmbed Device Serverリリースは、Intelの「Wind River」ユニットと競合するが、完全に重なり合うわけではない。ARMの取り組みから浮き彫りになるのは、IoT(および、そのビジネスモデル)を実現するために必要な、基本要件の一部に関して、標準規格や合意がないという点だ。



この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]