日本HP、x86サーバ「ProLiant」第9世代--多様化するワークロードに対応

齋藤公二 (インサイト) 2014年10月07日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は10月2日、第9世代となるx86サーバ「HP ProLiant サーバー Generation 9(Gen9)」の提供を開始した。業務や用途に応じたコンピューティング環境を提供する“ワークロード特化型”サーバを掲げた。

 Gen8の特徴だった“自働化”を引き継ぎ、ビジネス貢献と総所有コスト(TCO)削減の両立を図った。全機種でCPUにXeon E5-2600 V3ファミリを採用。価格は高さ1Uのラックマウント型「DL160」が29万円から。

 Gen9の特徴となるワークロードは、「汎用ビジネスアプリケーション」「ミッションクリティカル環境」「ビッグデータ、HPC、ウェブスケールアウト」「仮想化/クラウド環境」の4つからなる。

 今回提供を開始した第1弾では、汎用ビジネスアプリケーション特化型としてラック型やタワー型のDL160や「DL180」「DL360」「DL380」「ML350」を、仮想化/クラウド環境特化型としてブレードの「BL460c」を、ビッグデータ、HPC、ウェブスケールアウト特化型としてHPCシステム「HP Apollo System」のモジュールである「XL230a」「XL730f」をそれぞれ用意した。

手島主税氏
日本HP 執行役員 エンタープライズグループ事業統括 HPサーバー事業統括本部 事業統括本部長 手島主税氏

 執行役員 エンタープライズグループ事業統括 HPサーバー事業統括本部 事業統括本部長 手島主税氏は、「ProLiantは25周年を迎え、73四半期連続でのx86サーバベンダーナンバーワンを達成した。これからの25年もHPがリーダーシップを取っていく。そのためにサーバを“Compute”というビジョンとして再定義した」と説明した。

 ここで言うComputeとは、HPが次世代データセンターの構成要素として必要となるサーバテクノロジのビジョンで、コンピューティングリソースがワークロードに対してきめ細やかに対応することを示したものだという。こうしたビジョンを推進する理由として、手島氏は「現顧客のワークロードが多様化したこと」「サーバ、ストレージ、ネットワーク、デバイス、クラウドといったすべての環境を有機的に統合する必要がでてきたこと」「トップベンダーとして新しいチャレンジを行う必要があること」の3点を挙げた。

 ワークロード多様化というのは、かつてのようなリレーショナルデータベース(RDBMS)にデータを格納するといった単一のワークロードだけでなく、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」やインメモリなどを組み合わせたワークロードやリアルタイム性や高可用性が求められるシステムが必要になったことだという。環境の統合については、タブレットやプリンタなども含めて、すべての環境で製品を展開するHPだからこそできることだとした。

 トップベンダーとしての新しいチャレンジという点に付いて「HPは、研究力、実行力、知的財産をもって2019年にむけて“The Machine”という基盤を構築すべく取り組んでいる。他社はこれから(サーバの革新に)取り組んでももう遅い」と話した。知的財産の代表としては、ワークロードに特化した各種システムオンチップ(SoC)、銅線ではない、光による広帯域ネットワークであるPhotonics、ユニバーサルメモリMemristorの3つがあると説明した。

 手島氏は「2014年は特化型元年に位置づけ、カテゴリごとに大きなイノベーションを推進していく」と力を込めた。

橘一徳氏
日本HP エンタープライズグループ事業統括 HPサーバー事業統括本部 HPサーバー製品統括本部 統括本部長 橘一徳氏

 エンタープライズグループ事業統括 HPサーバー事業統括本部 HPサーバー製品統括本部 統括本部長の橘一徳氏は新サーバの改善点として、「データセンターのコスト効率の改善」「サービス導入のスピードを加速」「ワークロードに応じた性能の最大化」の3点を挙げた。

 データセンターのコスト効率の改善という点では、パワーサプライの25%小型化、ストレージソフトウェア「HP Store Virtual VSA」を使った共有ストレージによるコスト削減、室温45℃環境での動作保証(ASHRAE=米国暖房冷凍空調学会が定めた基準の“A4”に準拠)による20%省電力化など、コスト効率が大きく向上していることを説明した。「3倍のCompute容量をより低いTCOで稼働させることができるようになった」(橘氏)

今回発表されたProLiant
製品名税別価格
ブレードBL460c48万1000円~
ラックマウントDL16029万円~
ラックマウントDL18033万3000円~
ラックマウントDL36051万5000円~
ラックマウントDL38057万9000円~
タワーML35034万円~
Apollo向けモジュールXL230a46万7000円~

 サービス導入のスピート加速という点では、Gen8から引き継いだ自働化をさらに進めることで「66倍速いサービスイン」を可能にしたという。具体的には、ハードウェアを収集するiLO機能や「HP OneView」というビジュアルなデータセンター管理ツール、RESTful APIを使ったクラウドサービスとの連携などを強化した。

 ワークロードに応じた性能の最大化については、新たに12Gb SASに対応し、4.8倍の書き込みIOPSを実現した内蔵ストレージ「HP SmartStorage」、SSDとHDDを組み合わせて書き込みIOPSを4倍に向上させたキャッシュシステム「HP SmartCache」、「VXLAN」や「NVGRE」といったプロトコルの処理をNICにオフロードする機能やRDMA(Remote Direct Memory Access)に対応したネットワークアダプタ「HP FlexFabric CNA」を挙げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]