編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シマンテック、「Symantec Mobility: Suite」の新バージョンをリリース

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-08 11:55

 セキュリティソフトウェアを提供するSymantecは米国時間10月7日、企業向けのモバイル機器管理(EMM)スイート「Symantec Mobility: Suite」の新バージョン(v.5.0)をリリースした。これによりユーザーはセキュリティ標準をより優れたかたちで展開できるようになるという。

 Symantecはここ数年、モバイル機器管理ツールを手がける企業を複数買収してきており、同社によると今回の最新バージョンではそれら製品の機能が統合されているという。

 同社のモバイル管理製品のリリースとしてこれまでで最も重要だとSymantecが主張するこのEMMスイートは、モバイル機器の管理と、モバイルアプリの開発、モバイル機器に対する脅威からの保護を1つのコンソールに統合したものとなっている。

 また、その他の特筆すべき機能として、「Android」や「iOS」「Windows」などの複数プラットフォームのサポートや、企業データと個人データを分離するアプリのラッピング技術、内製したアプリやサードパーティー製のアプリを従業員や、承認された委託先に配布するツールといったものが含まれている。

 Symantecは、より新しいルック&フィールを実現するだけでなく、レスポンスタイムを短縮することで、同スイートのユーザーエクスペリエンスを向上させてもいる。今後のリリースでは、ユーザーエクスペリエンスのさらなる向上を計画しているという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]