HP、3Dスキャナとプロジェクタ、タッチ画面を組み合わせた「Sprout」を発表か?--米報道

ZDNet Japan Staff 2014年10月22日 10時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)が米国時間10月29日にニューヨークでイベントを開催し、「Sprout」という新製品を発表するとRe/Codeが報じている。先に分社化計画を発表したHPだが、SproutはPCとプリンタ事業のHP Inc.の拡大戦略にとって重要な製品となるかもしれない。

 Re/Codeが10月21日付けで報じたところによると、Sproutはタッチに対応したワークスペースを持つ大型のフラットパネルディスプレイの上に、プロジェクタと3Dスキャナを組み合わせたものだという。フラットパネルディスプレイは同社のタッチ対応デスクトップPCライン「HP Pavilion Touchsmart」に似ているとのことだ。

 Sproutのターゲットユーザーは企業で、たとえば内装業者が部屋の写真を使って壁の色を変えたり、家具を動かすとどうなるかを顧客に見せるなどの例が考えられるという。HPは同時に、高機能を求めるコンシューマーも狙う。

 プロジェクタからワークスペースに画像を表示し、ユーザーは指やスタイラスでこの画像を操作できるという。写真の大きさを変えたり、要素を動かしたり、色を変えるなどの操作ができるほか、3Dスキャナでスキャンしたオブジェクトや画像を直接ワークスペースに表示して、その中の要素を加えることもできるという。Sproutは元Appleのハードウェア担当幹部、Eric Monsef氏が率いるグループにより開発されたとのことだ。

 OSはまずはMicrosoftの「Windows」に対応、将来はGoogleの「Chrome OS」にも対応予定という。価格情報は得られなかったとのことだ。

 HPは10月6日、会社分割を発表した。エンタープライズサービス、ソフトウェア、サーバ事業はHewlett-Packard Enterpriseに、PCおよびプリンティング事業は、HP Inc.に引き継がれる。分割は2015会計年度が終了する時点(2015年10月)までに行われる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算