ネットワークセキュリティの要諦

ゼロデイも標的型攻撃も防ぐ--多層防御のすすめ

三輪 賢一(パロアルトネットワークス) 2014年12月12日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載で情報漏えいを引き起こすのは「善意の内部ユーザー」「悪意の内部ユーザー」「悪意の外部ユーザー」の3タイプだという説明をしてきました。今回は「外部ユーザーの悪意」による情報搾取について詳しく解説します。

悪意の外部ユーザーとは

 「悪意の外部ユーザー」の特徴は、ターゲットとなる会社やデータセンターを直接狙わず、セキュリティのぜい弱なところを狙ってくるということです。委託企業のシステムとつながっていてその会社のネットワークにぜい弱性があれば、そこを発端に攻撃が始まります。

 米国の大手スーパーTargetで2013年11月、1億件以上のクレジットカード情報が盗まれるという事件が起きました。この事例では空調会社の従業員にフィッシングメールが送られ、それを発端に大手スーパーのシステムにマルウェアが忍び込みました。

 この事例についてもう少し細かく見ていくと、標的型攻撃対策は既に導入済みで監視センターでは攻撃に使われたマルウェアの侵入を検知していました。しかしネットワークでマルウェアをブロックする設定になっていなかったため、結果的に侵入、拡散、そして情報の外部流出を許してしまいました。

 自社システムの脆弱性には気づいていたが、経費削減という経営側の方針によりセキュリティが業界水準以下のままであったとのことで、その責任をとって最高経営責任者(CEO)や経営陣が辞任に追い込まれ、さらに株主から追加のペナルティが提案されました。

 日本における2014年上半期の情報漏えい事件を追ってみても、悪意の外部ユーザーを発端とする事例が多く挙げられます。

 3月に公開されたOpenSSLのぜい弱性を狙ったHeartbeat攻撃では、国内大手クレジットカード会社がパッチを当てるまでの期間に攻撃され、個人情報を盗まれる事件がありました。他にもInternet Explorer(IE)のゼロデイぜい弱性の発覚や、Windows XPのサポート終了など、外部から攻撃を受けるきっかけは日々発生しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]