編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
ネットワークセキュリティの要諦

AIとセキュリティの関係--マルウェア分析に使う機械学習

広瀬 努

2017-07-19 07:00

 2017年の今、世の中は第3次人工知能(AI)ブームにあり、あらゆる分野においてAIの活用が加速するといわれています。セキュリティ業界含むさまざまなITベンダーが、「AIの採用」を前面に押し出しています。

 このような流れを受け、筆者が在籍するパロアルトネットワークスにも、AIについての問い合わせを多くいただいています。質問内容を詳しくうかがうと、AIの意味の曖昧さからでしょうか、誤解されているケースも少なくありません。

 そこで、今回は情報セキュリティ領域でのAI活用について解説したいと思います。

当たりまえになりつつある、マルウェア解析への“機械学習”の活用


 昨今のAIブームで誤解を招きやすいのが、国内と海外で使われる“用語”の違いです。

 現在セキュリティ分野も含め多くの製品やサービスに活用され、海外で言及されることが多いのは、“人工知能(Artificial Intelligence:AI)“ではなく“機械学習(Machine Learning)”です。海外のサイトでは“Machine Learning(機械学習)“という用語を使用していても国内ではあえて「AIの採用」を前面に押し出しています。とアピールしているセキュリティベンダーもあります。

 AIや機械学習の違いについては、多くの記事にて解説されているため、詳しくはここでは説明しませんが、専門家にもAIとは何か明確に定義することが難しいといわれているように、曖昧さを含んでいるようです(参考:平成28年版情報通信白書第1部P233 ~P234 ウ 人工知能とは何か)。

 機械学習はAIの一部であるため、「=AI」といっても差し支えないのかもしれませんが、機械が学習し、自動的にアルゴリズムの改善を繰り返すことを指す場合は、“AI”より“機械学習”のほうが、具体的でより適切な表現といえます。

 この機械学習は、セキュリティ分野でもさまざまな製品やサービスで活用されていますが、今回はマルウェア対策を例にとって、活用方法や導入の目的を紹介します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]