ネットワークセキュリティの要諦

AIとセキュリティの関係--マルウェア分析に使う機械学習

広瀬 努 2017年07月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年の今、世の中は第3次人工知能(AI)ブームにあり、あらゆる分野においてAIの活用が加速するといわれています。セキュリティ業界含むさまざまなITベンダーが、「AIの採用」を前面に押し出しています。

 このような流れを受け、筆者が在籍するパロアルトネットワークスにも、AIについての問い合わせを多くいただいています。質問内容を詳しくうかがうと、AIの意味の曖昧さからでしょうか、誤解されているケースも少なくありません。

 そこで、今回は情報セキュリティ領域でのAI活用について解説したいと思います。

当たりまえになりつつある、マルウェア解析への“機械学習”の活用


 昨今のAIブームで誤解を招きやすいのが、国内と海外で使われる“用語”の違いです。

 現在セキュリティ分野も含め多くの製品やサービスに活用され、海外で言及されることが多いのは、“人工知能(Artificial Intelligence:AI)“ではなく“機械学習(Machine Learning)”です。海外のサイトでは“Machine Learning(機械学習)“という用語を使用していても国内ではあえて「AIの採用」を前面に押し出しています。とアピールしているセキュリティベンダーもあります。

 AIや機械学習の違いについては、多くの記事にて解説されているため、詳しくはここでは説明しませんが、専門家にもAIとは何か明確に定義することが難しいといわれているように、曖昧さを含んでいるようです(参考:平成28年版情報通信白書第1部P233 ~P234 ウ 人工知能とは何か)。

 機械学習はAIの一部であるため、「=AI」といっても差し支えないのかもしれませんが、機械が学習し、自動的にアルゴリズムの改善を繰り返すことを指す場合は、“AI”より“機械学習”のほうが、具体的でより適切な表現といえます。

 この機械学習は、セキュリティ分野でもさまざまな製品やサービスで活用されていますが、今回はマルウェア対策を例にとって、活用方法や導入の目的を紹介します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化