海外コメンタリー

AIや機械学習がIoTセキュリティにもたらす新たな可能性--活用するための5つのステップ

Mary Shacklett (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年06月16日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年10月、世界規模の分散型サービス拒否(DDoS)攻撃がインターネットに甚大な被害をもたらし、ホームカメラやデジタルビデオレコーダー(DVR)などのコネクテッドデバイスを通して拡散するマルウェアに膨大な数のデバイスが感染した。こうした損害をもたらしたマルウェアは、極めて高度なものだったわけではない。しかし、マルウェア保護やユーザーのID、パスワードも高度なものではなかったため、攻撃者は簡単に推測して、そのユーザーになりすまし、ホームデバイスに侵入した。つまり、センサやカメラ、DVR、携帯電話などで構成され、公のインターネット上で通信を行うIoTは、極めて脆弱ということだ。

 一方、企業の監査役らは今になってようやく、企業のIoTセキュリティ保護対策を評価する方法を把握し始めている。彼らのクライアント企業は以下の理由から、IoTセキュリティへの備えが不十分だ。

  • 彼らが管理しているIoTデバイスは、さまざまなインターネット通信プロトコルを使用する。そして、それらのIoTデバイスの多くは、ローエンドの処理能力とストレージ容量しか備えていないため、セキュリティソリューションで拡張することができない。
  • この大量のIoTデバイス群を正確に把握して、常に最新の状態に保つのは困難である。

 Darktraceのテクノロジ担当ディレクターでIoTセキュリティ専門家のDave Palmer氏は、「現代の企業は、コネクテッドオブジェクトが集まるデジタルの場であり、ほとんどの場合、十分なセキュリティ対策が施されていない。そのため、サイバー攻撃者にとって魅力的なゲートウェイになっている」と述べた。そうしたコネクテッドオブジェクトには、企業ネットワークに接続されたプリンタやサーモスタットから、ネットワークに接続されたコーヒーマシン、「iWatch」まであらゆるものが含まれる可能性がある。

 IoTのセキュリティ監視と侵害防止に関して期待されているテクノロジの1つが、機械学習と行動分析だ。

 商用化されているAIテクノロジは、今も初期の開発段階にあるものの、クラウドを使って企業内のさまざまなIoTエンドポイントから全てのデータを収集する。クラウドでは、数学的アルゴリズムがアナリティクスを実行し、企業のエンドポイントが相互に、またインターネットを通して通信する方法について、何が「正常」な行動なのかを「学習」する。これらのデバイスからの入力を分析して、通常の通信パターンを特定する。これにより、悪意ある行動を非常に早い段階で検知することが可能になるので、途中で介入して問題を阻止するのに十分な時間を確保できる。

IoTセキュリティ 人工知能 機械学習
提供:iStock/BeeBright

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算