海外コメンタリー

AIはエンタープライズソフトウェアをいかに変えるか

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年06月21日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Amazon Web Services」(AWS)は人工知能(AI)と機械学習をあらゆる組織に届けようとしている。そしてこれには、社内に専門家がいない組織も含まれる。これが、Amazonの最高経営責任者(CEO)Jeff Bezos氏がInternet Associationで語った内容の要点だ。

 Bezos氏の目標は、(「普通なら必要とされる、最先端の専門技術を持っていない組織であっても」)AWSを利用すれば、あらゆる企業がAIと機械学習を簡単に利用できるようにすることだという。同氏は、「現時点では、AIや機械学習を特定の組織が持つ問題に適用することは、難易度が高い。それには高い技術力が必要なため、まず機械学習を専門とする優秀な博士の奪い合いに参加しなければならないが、多くの企業にとってその競争に勝つのは難しい」と認めた。

(GeekWireのTodd Bishop氏が、Bezos氏の話を伝えてくれたことに感謝する)

 Bezos氏は、AIがエンタープライズソフトウェアの性質そのものを変えつつあると述べている。同氏は、AIと機械学習はAmazonにとって「水平的な、物事を可能にするレイヤ」であり、世界中のあらゆる企業でも同じことが言えると考えている。Amazonの「Alexa」と「Echo」は、「途方もない量の機械学習、コンピュータビジョンシステム、自然言語解析、その他の技術を利用した」サービスのわかりやすい例だ。

 しかし同氏によれば、真に重要なAIと機械学習の影響は、「実際には水面下で起こっている」という。「それは、検索結果の改善や、顧客への商品レコメンデーションの改善に表れてきたり、あるいは、在庫管理の予測精度の改善などに表れてきたりする。こういった水面下の影響は、文字通り何百にも及ぶ」

 AIと機械学習は、現在や未来の企業や、企業が使うソフトウェアに対して、どう影響を与えるのだろうか。Louis Columbus氏は最近、Forbes誌で、この急激に進む進化についての記事を掲載しており、AIはエンタープライズソフトウェアの形を変えようとしていると述べている。同氏はこの記事で、Cowen and Companyが実施した調査結果の一部を紹介している。例えば、ITリーダーの81%はすでにAIへの投資を計画しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算