勧告が公開されたHTML5、これからどうなる?--W3CのCEOが語る今後

Jack Schofield (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年12月04日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この5年ほど、ウェブ標準を主に牽引してきたのはHTML5の開発だった。そして、HTML5は10月末、ついにWorld Wide Web Consortium(W3C)勧告として公開された。それは、HTML5が完成し、開発が終了したことを意味するのだろうか。もしそうならば、HTML5の次には何が来るのだろうか。

 確かに、HTML 5.0は完成したが、だからといって開発が終了したわけではない。HTML 5.1は、開発がかなり進んでおり、2016年には勧告されるはずだ。HTML 5.2の最初のワーキングドラフトは2015年に公開される予定である。要するに、HTML5の作業はしばらく続く見通しであり、筆者はHTML6がすぐに登場するとは思わない。

 しかし、HTML5(たとえそれが、CSSなどの関連性はあるが別個の仕様も含む広義のバージョンであっても)の範疇に含まれないものが多数あることは明白だ。今後、それらの開発はどのように行われるのだろうか。そして、その新プロジェクトの名称は何になるのだろうか。

 W3Cの最高経営責任者(CEO)であるJeffrey Jaffe博士は、HTML5とCSS3、JavaScriptが中核をなすオープンウェブプラットフォーム(OWP)の開発を継続するという解決策を提案した。Jaffe博士の提案は、アプリケーション開発の基礎となる「アプリケーション基盤」を提供して、開発者のニーズに応える、というものだ。つまり、オープンウェブプラットフォームは事実上、ウェブのOSになる。

 W3C内部での話し合いや、9月にベルリンで開催されたExtensible Web Summitでの議論を基に判断すると、OWPは、セキュリティとプライバシー、コアウェブデザインと開発、デバイス間の相互運用性、アプリケーションライフサイクル、メディアとリアルタイムコミュニケーション、パフォーマンスとチューニング、ユーザビリティとアクセシビリティ、各種サービスの8つの基盤で構成される。

 「それぞれの基盤は、すべてのアプリケーションで利用できるべきサービスと機能を集めたものだ。例えば、セキュリティとプライバシーの基盤には、暗号化や多要素認証、リソースの完全性などの機能が含まれる」(Jaffe博士)

 各種サービスの基盤には、先頃この記事で取り上げたウェブ決済への取り組みや、注釈、ソーシャルウェブのデータ標準のほか、セマンティックウェブを包含する「ウェブ上のデータ」も含まれる。

 Jaffe博士はブログ投稿の中で、これをOS開発にたとえた。OS開発は、低レベルの処理(メモリ管理やデバイスサポート)から始まるが、ネットワーキングやセキュリティ、グラフィカルユーザーインターフェースといった、より高レベルの機能も徐々に吸収していく。こうしたものが、新しいアプリケーションを構築する基盤になる。ウェブ開発者に対しても、同様の機能が標準として提供されるべきだ、と同博士は主張する。「今日のプログラム可能なオープンウェブプラットフォームを第1世代のウェブOSと呼ぶのは、うまいたとえだ」(同博士)

figure_1

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化