編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテル、デジタルID管理のPasswordBoxを買収

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-02 11:03

 Intelは米国時間12月1日、クロスプラットフォームのID管理サービスベンダーであるPasswordBoxの買収を発表した。PasswordBoxはIntel Security Groupのポートフォリオに統合され、Safe Identity部門の人材とソリューションを強化するという。

 買収の金額など詳細情報は公開されていない。PasswordBoxの44人の全社員はIntel Securityに移る。

 PasswordBoxのID管理ソリューションを利用して、ユーザーはさまざまなデバイスから複数のWebサイトやアプリケーションにログインできる。パスワードの入力は不要だ。ワンタップログインを利用することで、アカウントのセキュリティプロセスが簡素化される。

 Intelは顧客へのメリットとして、「パスワード疲れ」の軽減を挙げている。また、PasswordBoxの技術は「ユーザーフレンドリーな新しい認証技術に組み込まれ、ユーザーはただ設定して利用するだけでセキュリティを改善できる」と述べるなど、セキュリティの簡素化も挙げている。

 Deloitteの調査によると、ユーザーが生成するパスワードのうち90%がハッキングに対して脆弱だという。よく利用されるパスワード1万件で98%近くのアカウントにアクセスできてしまうと報告している。IntelはPasswordBoxと共にこの問題にタ取り組みたいとしている。

 PasswordBoxは1年半前にサービスの提供を開始して以来、ベンチャーキャピタルからの出資を受けている。CES 2014ではベストモバイルアプリ賞を受賞し、1400万回を超えるダウンロードがあったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]