Linuxマルウェアという「死角」をなくせ--グーグル傘下VirusTotalの取り組み

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年11月19日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxサーバへの感染を狙うマルウェアの増加に対し、Google傘下のVirusTotalは注意を強めている。同社は、マルウェア対策に取り組む人々のための頼りになるツールを提供している。

 新たに発生するマルウェアの脅威を完全に把握しておく必要があるセキュリティ研究者にとって、VirusTotalのマルウェアデータベースは欠かせないツールになっている。

 誰でも、疑わしいファイルをこのウェブツールにアップロードして、「Kaspersky」「McAfee」「Symantec」など10あまりのアンチウイルス製品がそのファイルをマルウェアとして検出するかどうかをチェックすることができる。このツールは、善意の人々によって使われることを意図されているが、ある研究者が2013年に発見したところによると、悪意あるハッカーもこのサービスを使って、自分のマルウェアを世の中に送り出す前に、それをアンチウイルス製品でテストしていたという。このツールには、比較分析に欠点があるにもかかわらず、である。

 VirusTotalは、「Windows」に影響を与える、悪意のあるファイルについての詳細な情報は保持しているものの、Linuxのマルウェアはこのツールにとって、依然として死角のようなものとなっていた。その理由の1つは、そうしたマルウェアがほかより珍しいからである。VirusTotalは、それぞれのLinuxファイルのサンプルについて基本的な情報は提供していたが、アンチウイルスベンダーや研究者がWindowsのマルウェアに関して受け取っているような追加情報は欠けていた。

 かつてはそうした状況でも問題なかったかもしれない。しかし過去2年の間に、PCではなく、無防備なウェブサーバをターゲットとする、新種のLinuxマルウェアが登場している。

 最も知られている攻撃の1つが、「Mayhem」と呼ばれているものだ。これは、UNIXやLinuxのサーバをターゲットとした、ロシアとウクライナから始まった脅威だ。それ以前には、研究者らは「Linux Cdorked」マルウェアを使っているハッカーを発見している。これもやはり、Windowsマルウェアを拡散するプラットフォームとしてウェブサーバを狙ったものだった。

 1つには情報の不足が原因となって、Linuxマルウェアのサンプルに対するアンチウイルスベンダーの対応は遅くなった。Linuxマルウェアのサンプルは多くの場合、ELFファイルとして提出されている。ELFファイルは、UNIXや、UNIXに類似したシステムの実行ファイル、オブジェクトコード、共有ライブラリ、コアダンプのための標準的なバイナリファイルフォーマットだ。そのため、アンチウイルスベンダーによる検知率は低いままだった。現在では、提出されるELFファイルの数は増加しつつある。11月上旬の1週間だけでも、3万5000件超の疑わしいELFファイルがVirusTotalに提出された。これは、疑わしい「Microsoft Word」ファイルのアップロード件数である4万4000件をわずかに下回る数だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化