編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
ランサムウェア

「WannaCry」騒動から1カ月、今も大量に残る脆弱なSMBサービスの危険性

ZDNet Japan Staff

2017-06-16 13:20

 マルウェア「WannaCry」の騒ぎから1カ月あまりが経過した6月15日、インターネット接続機器検索サービス「Shodan」の研究者が、この攻撃に関係したバックドア「DoublePulsar」や脆弱性の対策状況などについて報告した

 WannaCryは、自動的に感染先を広げながら、感染端末のデータを暗号化して身代金を要求する。感染攻撃では、WindowsのSMBサービスの脆弱性を突く「EnternalBlue」エクスプロイトを通じて端末にDoublePulsarが仕掛けられ、DoublePulsar経由でWannaCryの本体が送り込まれる

 EnternalBlueやDoublePulsarは、4月中旬にハッカー集団のShadow Brokersが公表した。EnternalBlueで突かれる脆弱性は、Microsoftが3月に公開したセキュリティ更新プログラム「MS17-010」で修正されていた。Shodanの観測によれば、4月20日時点のDoublePulsar感染端末は約10万台だったが、WannaCry騒動の起きた5月12日頃から大きく減少し、6月5日時点では約2万台だった。

DoublePulsar感染端末台数の推移(出典:Shodan)''
DoublePulsar感染端末台数の推移(出典:Shodan)

 報告者のJohn Matherly氏によると、DoublePulsar感染端末の減少は、WannaCryの出現によってMS17-010を適用する対策が進んだ効果とみられる。しかし、現時点でMS17-010を適用していない端末が9万1081台あり、今も脆弱なSMBサービスをインターネット上に晒し続けていると指摘する。

 Shodanの観測では、インターネットに公開されたSMBサービスが230万6820件あり、このうち96%が古く脆弱性なSMBのバージョン1をサポートしている。また、42%は匿名のゲストアクセスを許可していた。

 Matherly氏によれば、匿名のゲストアクセスを許可していたサービスの90%以上がWindowsではなくSambaで実行されていた。その大半はアラブ首長国連邦にホストされ、Samba 3.2.15など古いバージョンが実行されているという。

Shodanで確認されたSMBサービスで使われているSambaのバージョン(出典:Shodan)''
Shodanで確認されたSMBサービスで使われているSambaのバージョン(出典:Shodan)

 こうしたことからMatherly氏は、インターネットに公開されたSMBサービスの危険性がWannaCryやDoublePulsarの騒動によって一時的に低下したものの、再び高まる恐れがあると警鐘を鳴らす。

 Sambaでは5月下旬に、リモートから任意のコードを実行される深刻な脆弱性が報告されている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]