編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Windows XP」にもセキュリティ更新--WannaCry類似のリスクに対処

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-14 10:39

 Microsoftは米国時間6月13日、5月に発生したランサムウェア「WannaCry/WannaCrypt」の衝撃的な流行の原因となったものに似た攻撃を防ぐ、一連のセキュリティアップデートを公開した。

 同社の発表では「国家による活動が行われる可能性」のリスクを強調している。ただし、疑わしい国の名前は挙げられていない。

 今回のセキュリティアップデートは、サポート対象バージョンのWindowsを使用しているデバイスに対して、Windows Update経由で自動的に配信される。これには、「Windows 10」「Windows 8.1」「Windows 7」、および「Windows Server」の2008以降が含まれる。

 これに加えMicrosoftは、サポートが終了している一部バージョンのWindows向けアップデートも同時に公開し、手動でダウンロードできるようにした。対象には「Windows XP」やWindows Server 2003が含まれる。これらのWindowsは、公式のサポートライフサイクルが終了してから何年も経つが、いまだに多くのビジネス顧客によって利用されている。

 新しいアップデートは、「Microsoftダウンロードセンター」か、「Microsoft Updateカタログ」から入手できる。リンクについては、「セキュリティ更新プログラムの概要」ページを参照してほしい。また、サポートが終了したWindowsを使用しているユーザーは、「マイクロソフトセキュリティアドバイザリ4025685:古いプラットフォームのためのガイダンス」を読んで、ガイダンスとダウンロードリンクを確認すべきだ。

 この数カ月間、Windows Updateに関して前例のない対応が続いている。2月には、初めて通常の月例パッチの配信が取りやめられ、次の月まで延期された。後から考えれば、このときMicrosoftは、ランサムウェア「WannaCry」の世界的流行を引き起こした問題を修正するアップデートを準備するため、緊急の対応を進めていたのだろう。

 その後5月には、WannaCryが引き起こした破壊的な影響を受けて、MicrosoftはWindows XPを含むサポートが終了したバージョンのWindowsに向けた臨時のアップデートを公開した。通常、これらのセキュリティアップデートは、料金を払ってサポート契約を結んでいる、企業顧客にしか提供されていない。

 5月に発表されたセキュリティ研究者のレポートによれば、実はWannaCryの攻撃コードにバグがあったため、多くのWindows XPマシンがクラッシュして、マルウェアに感染しなかったのだという。しかし、次のサイバー攻撃の流行でも、このような幸運がXPユーザーに起きるとは限らない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]