編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

次期「Parallels Cloud Storage」、Dockerをネイティブサポートへ

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-12 12:37

 Parallelsがコンテナ型仮想化ソリューション「Parallels Cloud Server」の次期バージョンでDockerをネイティブサポートする予定だ。

 同社はプレスリリースで以下のように述べている。

 Dockerアプリケーションを作成する開発者の数が増えるなか、サービスプロバイダーはコンテナ型の仮想専用サーバを提供できるようになる。Parallels Cloud Serverは安全かつ高密度の仮想サーバ環境を実現し、成長の著しいこの新興マーケットの中でも、大手のパブリッククラウドプロバイダーと価格やパフォーマンス面で互角に競合する機会をサービスプロバイダーにもたらす。

 Parallelsで仮想化技術を担当する最高技術責任者(CTO)のJames Bottomley氏はこのプレスリリースで「サービスプロバイダーは顧客のニーズを満たしたいと思っている。そして、顧客はDockerアプリケーションを稼働させることを望んでいる」と述べる。

 さらにプレスリリースには、以下のように書かれている。

 顧客にとっての現在の課題は、Dockerイメージをハイパーバイザ型の仮想環境で稼働させることである。(中略)Parallelsのソリューションを利用すれば、サービスプロバイダーはParallels Cloud Serverのコンテナ型の仮想マシン上でDockerが動く、高性能かつ高密度な環境を顧客に提供できるようになる。

 Parallels Cloud Serverのアップデートは2015年第1四半期に発売される予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]