編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
2015新春企画

エンジニア as アーティスト - (page 2)

怒賀新也 (編集部) 田中好伸 (編集部) 山田竜司 (編集部)

2015-01-01 00:00

「API経済圏」という新基軸


 密結合ではなく疎結合の部品同士の組みあわせで構成した方が、ビジネスの環境変化にあわせてシステムに柔軟性をもたらすことができる――。2005年前後から話題となったサービス指向アーキテクチャ(SOA)の考え方だ。

 SOAは、Webサービスのインターフェース記述言語であるWeb Services Description Language(WSDL)でコンポーネントを組みあわせるなどしてシステムの柔軟性を高めるものとして期待された。だが、その複雑さからWSDLやSOAP(Simple Object Access Protocol)、CORBA(Common Object Request Broker Architecture)は普及することがなかった。

 このSOAの柔軟性は、RESTful APIという形で蘇ったと表現できる。WSDLやSOAPのような“デジュールスタンダード”の複雑さがなくなり、ウェブ上に存在する、ありとあらゆるAPIでさまざまなライブラリやシステムがつながることで、かつてでは考えられなかったようなユニークなネットサービスが提供されるようになっている。

 スマートフォンで提供される個人向けアプリは、さまざまなネットサービスのAPIの集合体とも表現できる。アイデア次第でAPIを組みあわせることで、これまでになかったサービスをスマホアプリとして提供できるからだ。こうしたことから注目されているのが“API経済圏”だ。

 企業ITの世界は現在、IDCがよく使う“第3のプラットフォーム”をいかに使いこなすかが問われている。つまり、ソーシャル、(ビッグデータからの派生である)アナリティクス、モバイル、クラウドを上手く活用すべきという主張だ(第3のプラットフォームはSCAM、CAMS、SMACという言葉で表されることもある、要は順番が違うだけ)。

 第3のプラットフォームに含まれるモバイルは、2007年の「iPhone」と2010年の「iPad」の市場投入以後、スマートフォンやタブレットは個人の行動パターンを大きく変えたと表現するのは大袈裟ではない。朝、目覚めてからまずするのはスマートフォンを見ることという調査もあるくらいだ。

 このモバイルアプリは、先に触れたようにAPIなしには開発することができない。スマートフォンに搭載されたモバイルアプリはObjective-Cで書かれたネイティブアプリだとしても、そこに表示される情報はネット上のものであり、APIで呼び出しているものに過ぎない。こうしたことからも注目されるのがAPI経済圏だ。

 さまざまなAPIを組みあわせることで、企業にとってそれまでになかったような利便性や新しいサービスを消費者に提供できる。重要となるのは、どんなAPIを組みあわせるかだ。商品やサービスを提供する企業であれば、その受益者である個人や企業に使い続けてもらえるようなモバイルアプリやネットサービスを考えるのであれば、APIの重要性が分かるはずだ。IT部門の出番である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]