編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Macに削除不能なマルウェアをインストールする「Thunderstrike」が明らかに - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-13 13:15

 そして、いったんシステム上にインストールされてしまうと、その削除は極めて困難になる。

 「これによってデジタル署名やアップデートルーチンが制御されるため、ソフトウェアでの削除は不可能になる」(Hudson氏)

 Hudson氏は「昔からある『悪意あるメイド攻撃』も可能だ。Thunderstrikeであれば、ファームウェアパスワードが設定されていても、ハードディスクが暗号化されていても、ユーザーのノートブックにほんの数分アクセスするだけでブートROMのファームウェアを書き換えられる」と述べたうえで、「このため、カンファレンスへの出席目的でホテルに滞在している際、レストランでの朝食時にノートブックを部屋に置いたままにしておくと、部屋に来た掃除係がベッドメーキングやタオル交換のついでにファームウェアのバックドアを仕掛けるということも考えられる」と説明している。

 Hudson氏によると、Thunderstrikeは「Thunderboltを搭載したすべてのMac Book Pro/AirやそのRetina搭載モデルに影響する」という。

 Hudson氏によると、Appleは幸い、Thunderboltポート経由でBoot ROMに不正なコードを書き込めないようにするためのアップデートの準備にとりかかかっているという。しかし、このアップデートはBoot ROMの改ざんを直接防ぐものではない。

 防御策の1つとして、ケースのねじにラメ入りのマニキュアを塗り、写真を撮っておくという手がある。ランダムなラメの模様は複製できないため、写真をきちんと保存できれば、ねじがいじられていないことを確認できる。


提供:Trammell Hudson氏

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]