編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

急成長を遂げる注目のスタートアップ10社--企業ITで存在感 - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-01-21 06:30

6.DataRPM

 DataRPMには、スマートマシンによるビッグデータ分析だという説明がついている。同社が提供する製品の特徴は、自然言語によるビッグデータ分析だ。ユーザは自然言語を使ってデータセットを指定し、質問し、視覚化された答えを得ることができる。同社はデータから得られた洞察や予想だけでなく、ほかにもいくつかのビッグデータ関連ツールを提供している。DataRPMが設立されたのは2年前だが、シリーズAラウンドを調達したのは2014年になってからだ。

7.Crypho

 Cryphoは機密性を売りとする。特に、ファイル転送や秘密を要するチャットセッションを守るための製品を世に出している。このノルウェイの新興企業は2012年に設立され、企業の通信のエンドツーエンドセキュリティを提供している。Cryphoはどんなネットワークでも利用でき、組織間通信も扱える。

8.Bowery

 開発環境を30秒で構築するという離れ業を実現する新興企業がBoweryだ。同社は開発環境の設定プロセスを自動化するためにクラウドを利用する。ユーザーはこの環境を使用して、アプリケーションの追加、ソフトウェアとツールの選択、共有、共同作業を行うことができる。同社は2014年にこのアプリのデスクトップ版をリリースし、シードラウンドで150万ドル調達した。

9.ElasticBox

 ElasticBoxはDockerと似たコンセプトで、ユーザーはアプリケーションのコンポーネントを組み合わせて、「ボックス」と呼ばれるものを作ることができる。同社はコンポーネントを再利用可能にすることで、アプリケーションの提供するまでの時間を短縮することを狙っている。ボックスは、設定の管理や統合をはじめとして、さまざまな場面で利用できる。ElasticBoxの目標は、開発者や運用者が協力しながら簡単にアプリケーションを導入できるようにすることだ。同社は2014年中に900万ドルを調達した。

10.Tamr

 ビッグデータは企業にとって大きな課題だ。ケンブリッジに本拠を置くTamrは、2014年前半に沈黙を破り、企業のデータソースすべてを1つにまとめる製品の提供を始めた。Tamrはユーザーに対し、データがどのように変化し、あるデータが別のデータとどのように結びついている可能性があるかを示してくれる。同社は、2014年のGoogle VenturesとNew Enteprise Associatesが主導した1回の資金調達ラウンドで、1600万ドルを調達している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]