編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

IBM、ソフトウェア定義ストレージに10億ドル投資へ--新アプリケーションも発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-18 12:16

 IBMは米国時間2月17日、同社のストレージソフトウェアのポートフォリオに今後5年間で10億ドルを投資することを明らかにした。さらに、ストレージを管理し企業のデータ資産を効率化するためのアプリケーション群「IBM Spectrum Storage」も発表した。

 同社によると、Spectrum Storageは700件以上の特許を活用し、ハイブリッドクラウドを中心に据えたアプローチを採っているという。同社は、顧客が単一のダッシュボードからデータを管理できるようにすることを目指している。

 IBMは、同社のアプリケーションを使用してストレージハードウェアから情報を取り出し、サービスやアプライアンス、ソフトウェアとして使用できるようにする計画だという。「IBM Spectrum Accelerate」は、同社のストレージアプライアンスである「IBM XIV Storage System」をベースにしたソフトウェア製品だ。Spectrum Accelerate、および自動化やキャパシティ管理、チューニングといった機能は、ハードウェアに頼ることなく使用できるようになっている。また、このソフトウェアは一般的なハードウェア上でも稼働する。

 IBMは他にも以下の点を明らかにした。

  • 同社は、Spectrum Storageにマルチクラウドコネクタを追加する計画であり、これによりハイブリッドデータセンターは複数のサービスを利用できるようになる。
  • Spectrum StorageはIBMのデザイン研究所によって改良されたインターフェース「IBM Hyper-Scale Manager」を搭載する計画だ。このインターフェースは、ブラウザが動作する機器(デスクトップPCから、「iOS」や「Android」を搭載した機器に至るまで)上で動作する。
  • Spectrum Accelerateは「OpenStack」や「VMware vCloud」を統合する予定だ。
  • 同ストレージのポートフォリオは、仮想化やスケーリング、制御、セキュリティ、アーカイブ用のアプリケーションも含むようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]