編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

業績不振のIBM、CEOに多額の賞与

Jack Schofield (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-02 11:52

 過去10年間にわたるIBMの深刻な業績不振は公然たる事実である。2014年度の売上高は、15年前である1999年度の875億5000万ドルをわずかに上回る927億9000万ドルに終わった。また、前四半期におけるIBMの業績はMicrosoftのそれを下回り、IBMの経営陣はSteve Ballmer氏の後塵を拝する結果となった。

 IBMが株価上昇を狙って数々の金融工学を駆使していることもまた、公然の秘密である。同社はビジネス自体を成長させる代わりに、2015年末までに1株あたり利益(EPS)を20ドルまで引き上げることを目論んでいたが、最高経営責任者(CEO)のVirginia Rometty氏は2014年10月に第3四半期の業績を発表した際、この計画を放棄した。


IBMのCEO、Virginia Rometty氏
提供:IBM

 IBMは自社株買いを進めているが、それに伴う債務は現在410億ドルに達している。にもかかわらず、最新の業績発表を受けて株価は14%も下落した。その結果、Bloomberg Businessによると、IBMはNYダウ工業株30種平均における最下位を2年連続で獲得することになった。

 IBMの経営陣は業績不振を受け、2013年度の賞与を辞退していた。しかし、2014年度も業績不振に改善の兆しがみられなかったにもかかわらず、CEOのRometty氏は莫大な賞与を手にすることになった。Rometty氏に業績賞与が支給される事実をIBMの資料から発見したのは、BloombergのAlex Barinka氏だ。それによると、Rometty氏は6.7%昇給し160万ドルの給与を受け取るのに加え、360万ドル(1カ月あたり30万ドル)の業績賞与も収得する。この賞与は、純利益(60%)、収益成長率(20%)、フリーキャッシュフロー(20%)に基づいている。深刻な業績不振の中でこれほどの賞与が支給されるのだとすれば、もしもIBMがAppleのような好業績を挙げたとしたら、Rometty氏はいったい幾らの賞与を受け取ることになるのだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]