クラウドアナリティクスへの強化継続--SASの2015年戦略

三浦優子 2015年02月20日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japanは、2015年度のビジネス戦略を発表した。製品やサービスとしては、デジタルマーケティングの基盤となる「Customer Decision Hub」、不正検知ソリューション、Hadoop対応のソフトウェア「SAS on Hadoop」を提供する。

 さらに、2014年も注力分野としていたクラウド上で企業の経営に必要なデータを分析、可視化する“クラウドアナリティクス”の推進、アナリティクスを担う人材育成につながる大学と連携する取り組みである「SAS Analytics U」の日本での推進などを注力事業として挙げている。


SAS Institute Japan株式会社 執行役員 マーケティング本部 ビジネス推進本部 本部長 北川裕康氏

 SAS Institute Japan 執行役員マーケティング本部兼ビジネス推進本部 本部長の北川裕康氏は、「2014年度の日本法人は、売り上げ規模の大きな国の中では、最もパフォーマンスの高い国に位置づけられた。今年度は新製品投入、2014年からの注力項目でありながら他のものに比べ思ったほど成果が出なかったクラウドへの注力、大きな問題となっている人材不足を解消することにつながる人材育成施策を実施する」とアピールした。

 また、日本法人の社長だった吉田仁志氏が日本HPに移籍し、空席となっている日本法人のトップに誰が就任するのかについては、「どうなるか、全くわからない状態。ただし、吉田氏はここ数年、ノースアジアのトップとしての活動が多くなっていたため、日本法人のオペレーションは以前から現行のスタッフで進めてきた経緯があり、特に大きな問題はなく、活動をしている」(北川氏)と説明した。

 SAS、2014年度ワールドワイドの業績はドルベースで対前年比2.3%増となる30億9000万ドルとなった。

 「1976年の創業以来、39年連続の増収増益となったが、これはソフトウェアを売り切りではなく、ユーザーの使用料をいただくビジネスであるから。一度顧客になって頂くと、解約率が低く、長期的な顧客となって頂いているケースが多い」(北川氏)という。

 日本法人の業績についても、ソフトウェア売り上げ、Operating Revenue(営業利益)ともに大幅に伸張し、過去最高となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算