編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
IBM InterConnect

BYOD対応でIBM「MaaS360」を提供へ--IIJが日本と米国で

怒賀新也 (編集部)

2015-02-26 01:50

 インターネットイニシアティブ(IIJ)と100%子会社のIIJ Americaは米国時間の2月25日、スマートデバイスを管理するクラウド型の管理サービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」を拡充し、新たにIBMの「MaaS360」を提供する試験サービスを4月1日から日本と米国で提供すると発表した。

 MaaS360は、スマートフォンなどの端末側にコンテナを導入し、端末内の「個人領域」と「仕事領域」を使い分け、管理するためのツール。もともと、IBMが2013年11月に買収したFiberlink Communicationsが以前から提供していたもの。

IIJ Smart Mobile Managerサービスに追加するMaaS360の画面
IIJ Smart Mobile Managerサービスに追加するMaaS360の画面

 リモートロックやデータ消去、デバイス情報の取得といった従来のMDM機能に追加する形で、ロケーションに応じた動的なポリシー適用やBYODのプライバシー設定を実現した。登録デバイスの状態をダッシュボードで把握できる。

 端末におけるアプリケーションの配布、削除の機能も実装。AppleのVolume Purchase Programの管理配布にも対応しており、App Storeアプリケーションの一括配信など管理も可能にする。

 管理者側で制御できるため、端末紛失時などにビジネス領域に配布するアプリケーションのみ削除するといった対応もできるという。

IIJ Americaのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務める松本光吉氏
IIJ Americaのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務める松本光吉氏

 IIJ Smart Mobile Managerサービスは、企業で利用されるiOSやAndroidデバイスをリモートで一括管理するサービス。既に2万ユーザーが利用している。だが、コンテナ型の端末管理機能については、アプリケーション管理機能などが十分ではなかったため、今回MaaS360を取り入れて補完する。

 IIJ Americaのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務める松本光吉氏は、「会社に来たらFacebookは使えないようにする」など場所によって利用できるアプリケーションを制御するGEO Fencing機能など、端末を詳細に管理するさまざまな機能を含めており、価格性能比は高いと考えている」と話している。

 日本国内でのサービス価格は、30デバイス分のライセンスを含めて月額1万円(税抜)を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]