ベネッセ顧客情報、委託コールセンターから流出--紙に書き出す

山田竜司 (編集部) 2015年03月17日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベネッセホールディングスは3月17日、コールセンター業務を委託しているトランスコスモスから顧客情報が流出していた可能性があると発表した。

 ベネッセグループのベネッセコーポレーションはトランスコスモスにコールセンター業務を委託。トランスコスモスの当時契約社員が2014年3~8月にトランスコスモス社内のコールセンター施設内から閲覧を許可したベネッセの顧客23人分を不正に取得し、外部に持ち出していた可能性があるという。ベネッセの顧客情報23人分の苗字や電話番号などを紙に写して持ち出し、スマートフォンに記録していた。

 この事件は、ベネッセが、グループ会社に業務委託をしていた個人情報が内部で不正に取得、名簿業者に売却され、2014年7月17日に非正規雇用者でデータベースの管理を担当していたエンジニアが逮捕された顧客情報流出事件と同時期に起こっていた。

 持ち出された全情報については既に回収されており、二次被害の申し出はなかったとした。また、現時点で第三者に渡った事実もない旨の報告を受けているという。対象となった顧客へのベネッセからの直接の謝罪や説明をすでに開始しているとした。

 ベネッセは「業務委託先で発生した今回の事態について重く受け止め、委託先の監査・監督体制の更なる強化を速やかに実施している」「2014年9月から強化している弊社の更なる情報管理体制について、過信することなく向上を続ける」とコメントした。

経産省、トランスコスモスに報告求める

 経済産業省は、トランスコスモスに対し、同社の顧客情報の漏えいについて、個人情報保護法に基づく報告を求めている。

 具体的には概要、経緯、詳細な事実関係、発覚前に講じてきた安全管理措置、発覚前に講じてきた従業者の監督措置、発覚以降の対応措置と現在の安全管理の状況、今後の再発防止策について、3月24日までに書面で報告をするよう要請している。

 トランスコスモスは、ペーパーレス化や監視カメラの増強などを実施。再発防止に向け、これまでの情報管理ルールを見直し、レベルに応じた情報管理の運用施策を徹底するとしている。一方で、情報の紙への書き写しなどを完全に防ぎきれるものではなく、情報漏えい対策の限界を示す事件とも言えそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算