編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

レッドハット、最新のソフトウェア定義ストレージポートフォリオを発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-26 10:43

 Red Hatはオープンソースのソフトウェア定義ストレージのポートフォリオを整理し、新しいロードマップを発表した。これまで同社のソフトウェア定義ストレージ製品は、分散オブジェクトストアおよびファイルシステムである「Inktank Ceph Enterprise」と、Glusterを実装したマルチプロトコルのスケールアウト型ファイルシステム「Red Hat Storage Server」があった。同社はこれをさらに分かりやすくした。

 まず、Inktank Ceph Enterpriseの名称を「Red Hat Ceph Storage」に、Red Hat Storage Serverを「Red Hat Gluster Storage」に変更した。それだけでなく、Red Hat Ceph Storageでは品質チェックを通過し、Red Hatソリューションとしてフルサポートの対象となる。

 Red Hat Ceph Storage、Red Hat Gluster Storageともにオープンソースでスケールアウトのソフトウェア定義ストレージソリューションとなり、プログラム可能なアーキテクチャを持ちコモディティハードウェアで動く。異なる企業のワークロード向けに最適化されており、Red Hat Glustor Storageは仮想化、分析、同期、ワークロードの共有などに適しているという。Red Hat Ceph StorageはOpenStack、Amazon Web Servicesなどのクラウドインフラワークロードに適しているという。両方とも、アーカイブやリッチメディアなどのワークロードでも利用できるという。

 Red Hatが将来的にRed Hat Ceph StorageとRed Hat Gluster Storageの2つをマージするかについては、その可能性は低そうだ。

 Forrester Researchのアナリスト、Henry Balthazar氏は2014年秋、SearchStorageに対して、Red Hatは「当面は2つのプラットフォームを同時に進めるだろう。2つがマージすることはない。Glusterはファイルストレージに適しており、Cephを補完するためにさまざまな方法でGlusterを使うことができる」と述べている


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]