インテルセキュリティ、エリクソンやヴイエムウェアとの連携など発表--クラウドスイートも

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年04月22日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、サンフランシスコで米国時間4月20日から開催されている年次カンファレンス「RSA Conference USA 2015」において数多くのセキュリティソフトウェアとデータ管理機能のアップグレードを発表した。

 Intel Securityはモバイル分野において、通信事業者が企業向けに配備している既存の製品群と組み合わせて提供できるようなマネージドセキュリティソリューションを生み出すためにEricssonと協力していく。

 また、エンタープライズ向けITというさらに大きな観点において、Intelはソフトウェア定義ネットワーク環境上でのセキュリティの自動化に取り組むためにVMwareと新たに提携した。

 両社の顧客は、VMwareのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」と、Intelの子会社であるMcAfeeのネットワークセキュリティプラットフォームによってもたらされる、配備やスケーリングを司るセキュリティレイヤを組み合わせた分散サービスにアクセスできるようになる。

 McAfeeのポートフォリオ自体にも、電子メール管理から先進的な脅威検知、さらにはより優れたユーザーIDセキュリティのための次世代のファイアウォールに至るまでのさまざまな領域において、無数のチューニングが施されている。

 しかし、このカンファレンスにおけるMcAfeeの本当の目玉は「Public Cloud Server Security Suite」の発表だ。これは特定ネットワーク上のゲストOSとそのワークロードの保護に注力するというものだ。

 Public Cloud Server Security Suiteは、自動化と、統合化された通信とともに、到来してくる攻撃に対する迅速な反応を目的とした、あらゆるエンドポイントにおける脅威検知情報の共有を柱としている。

 McAfeeのPublic Cloud Server Security Suiteは既に、「Amazon Web Services」(AWS)経由で有償で利用可能となっており、「Amazon Marketplace」から直接入手できる。なお、サブスクリプション制で、一連のサービスを実際に利用した際にのみ課金されるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算