編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

「Ubuntu 15.04」がリリース--開発環境の充実、「OpenStack Kilo」など

ZDNet Japan Staff

2015-04-24 12:06

 英Canonicalは現地時間4月23日、「Ubuntu 15.04」をリリースした。デスクトップ用、サーバ用、スマートフォン用、クラウド用、IoT用の各エディションの新バージョンが提供されている。コードネームは「Vivid Vervet」(Vervetは南米のオナガザル科の猿ベルベットモンキーを指す)。

 デスクトップ版では、クラウド開発やIoT開発向けの新たなツールが導入されたほか、統合メニューの導入やダッシュボードの使い勝手が改善された。

 開発ツールである「Ubuntu Developer Tools Center」は「Ubuntu Make」に改称され、新たに14のプラットフォームへのサポートが追加された。これには、「Android NDK」および「Android Studio」の最新リリース、各種統合開発環境(「IDEA」「PyCharm」「WebStorm」「RubyMine」「PHPStorm」「Eclipse」など)、「Firefox Developer Edition」、ゲーム開発環境の「Stencyl」などが含まれる。

 オフィス統合環境としては、「LibreOffice 4.4」が採用されている。

 サーバ向けのアップデートとして、コンテナのハイパーバイザ「LXD」が追加された。Canonicalが長く取り組みを主導してきた「LXC」をベースとしており、ライブマイグレーションが可能になるほか、セキュリティプロファイリングが改善される。

 さらに今回のリリースには「OpenStack」の最新版である「Kilo」が含まれている。KiloではDynamic Virtual Routing(DVR)のサポートによりNeutronのネットワーキングが強化されている。これにより、より大規模なOpenStackクラウドの拡張性を制限しかねないシングルノードインストールというボトルネックが解消されるという。

 また、Ubuntu 15.04の一部として、軽量で最も安全なエディションだという「Snappy Ubuntu Core」の安定版もリリースされた。このエディションは、クラウドコンテナのホストや、モノのインターネット(IoT)向けに用意されたもので、ドローン、ロボット、ネットワーク機器、IoTホームハブなどで使用されている。このリリースでは、Intelの64ビットアーキテクチャのほか、ARM HFをサポートしている。

 初めてのUbuntu搭載スマートフォンである「BQ Aquaris E4.5」にも、15.04のアップデートが無線接続を介して配信される。また、今後発売予定の「Meizu MX4」にも15.04ベースの「Ubuntu Touch」が搭載される予定だ。

 Ubuntu 15.04はwww.ubuntu.com/downloadからダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]