Canonical、IoT開発でマイクロソフトやアマゾンらと提携

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年02月23日 11時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Ubuntu」LinuxのベンダーであるCanonicalは米国時間2月19日、モノのインターネット(IoT)開発APIの提供に向けて、MicrosoftおよびAmazonとパートナーシップを締結したことを発表した。

 Canonicalは、「Ubuntu Core」をIoT用のOSとして普及させることを目指している。Ubuntu Coreは、「CoreOS」やRed Hatの「Project Atomic」のように、コンテナに対応した軽量なLinuxサーバを使用する。しかしCanonicalによると、クラウドやデータセンターに特化した競合製品とは異なり、Ubuntu Coreはインフラストラクチャを構築する個別のデバイスにも最適だという。Ubuntuの生みの親でありCanonicalの創設者でもあるMark Shuttleworth氏は、分散された高性能なデバイスには「Snappy Ubuntu Core」のほうがはるかに適していると主張している。

 Canonicalは、自動アップデートで脆弱性を迅速に修正できる認定済みUbuntu Coreデバイスの実現に向けて、パートナー企業と協力することになる。近年、ネットワークや産業用システムなどの社会的重要性が高いインフラストラクチャがサイバー攻撃の標的となる可能性が高まっているが、そうしたインフラストラクチャをUbuntu Coreで駆動することで、脆弱性の発覚時に迅速かつ自動的にアップデートを適用し、高度なセキュリティを実現したい考えだ。また、サードパーティー製アプリケーションのエラーや脆弱性の影響を最小化するため、Ubuntu Coreはカーネルコンテナをベースとする高度なアプリケーション分離機能も提供する予定。

 これらをすべて実現するためには、さまざまなベンダーの協力が不可欠となるが、CanonicalはMicrosoftやAmazonに加えて、インフラストラクチャを構築するデバイスの各種製造業者ともパートナーシップを締結した。これには、スマートな次世代型ネットワークの構築に向けたDeutsche TelekomやCaviumとの提携、および産業用システムの構築に向けたReal-Time Innovations、Texas Instruments、Industrial Internet Consortiumとの提携が含まれる。

 MicrosoftのテクニカルフェローであるJohn Shewchuk氏によると、スマートな産業用システムにはデータの格納と解析を行うクラウドのバックエンドが不可欠となるが、CanonicalとMicrosoftが提供するAPIにより、必要なセキュリティを備えたクラウドのバックエンドを持つデバイスの開発が容易になるという。

 こうしたパートナーシップを具体的な製品として結実させるため、Canonicalはプロセッサや回路基盤の製造業者を対象としたプラットフォーム認定プログラムも発表した。認定済みプラットフォームをベースとするデバイスには無償で最新のアップデートが提供され、開発者の負担が軽減される。また、製造業者は特定のデバイスに特化したカスタムデバイス認証を取得することもできる。具体例を挙げると、CanonicalはARM、POWER、x86の幅広いプラットフォームに認定を与える。これには、Caviumの「Thunder」、Texas Instrumentsの「Sitara」、およびIntelのx86 64ビットサーバアーキテクチャが含まれる。

 Canonicalのコネクテッドデバイス担当VPであるMaarten Ectors氏は声明の中で、広範なデバイス上で認定されたUbuntu Coreのリファレンスプラットフォームは、散在する数千のカーネルを置換すると同時に、迅速かつ自動的なアップデートにより保守管理のコストを劇的に削減すると述べている。また同社では、信頼性の高いデバイスの導入コストを引き下げることで、企業や政府が運用するインフラストラクチャの全体的なセキュリティ強度を底上げしたいと考えているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]